愛車と家族とともに。手間を楽しみ、成長する家。【BESSの家・お宅訪問編 vol.28】

Akihiro Takeji
pr
愛車と家族とともに。手間を楽しみ、成長する家。【BESSの家・お宅訪問編 vol.28】

Table Of Contents : 目次

手間をかけた分、味わいになり、愛情に変わっていく。

— 実際に住んでみてどうですか?

木の香り、開放感のあるところが気に入ってます。仕事から帰ってきた時に、木の香りを感じると、この家を買って良かったなと安心するし、何より、娘が裸足で走りまわれて毎日楽しめるのがいいですね。

また、住むだけでなく家の成長を感じられる点もミニクーパーに似てて、個人的にグッとくるポイントです。季節によって家の調子が変化したり、暮らしやすいように便利にしたり、完成して暮らすだけではなく、時間をかけて家の成長が楽しめるのは、木の家ならではだな〜と思います。

ここで暮らし始めて約1年。お茶やBBQをしたり、ハナちゃんと遊んだり四季が移ろいゆくのを間近で感じさせてくれる庭やウッドデッキは暮らしに欠かせないスペースだ。

— 以前の暮らしと比べて、何か変わりましたか?

家のことを考える機会が多くなりました。朝早く起きて、薪を割ったり庭仕事をしたり、アパートではできなかった、BBQや焚き火、DIYができるようになったのが嬉しいですね。少し落ち着いたら、陶芸や家具など何か造ることを始めたいと思っています。

— やりたいことが尽きませんね。広い庭があると、暮らしの可能性はますます広がりそうです。

将来的には庭を木で囲って林のようにしたいんですよ。植栽が茂ってくると、リビングからの眺めがガラッと変わると思うんです。我が家は住宅街の中にあるけど、グリーンがワンクッションあるだけで、常にアウトドアの雰囲気を感じられそうですよね。もちろん、お隣の敷地に侵入しないように剪定しなければいけませんが、これからどうなるか楽しみです!

— 陽当たりがいいから、よく育ちそうです。では、お気に入りの場所はありますか?

妻がキッチンで、私がウッドデッキです。キッチンからウッドデッキ、庭までがひとつなぎになっている開放感はたまりませんね。晴れていると星空が綺麗に見えるんですよ。子どもが寝てから2人でウッドデッキに出て、お喋りすることもあります!

ダイナミックな吹き抜けと広いウッドデッキを設けたことで、開放感のある住まいに。家の内と外を繋ぎ、空間の境界をあいまいにしてくれる。
お気に入りのキッチンでコーヒーを入れる奥様。日常的にコーヒータイムを取り入れて、ゆったり過ごす時間を大切にしている。

— では、逆にいまいちなところはありますか?

今の家に関して不満はありませんが、強いて言うなら1階に部屋がないところです。これはワンダーデバイス フランクの7スパンだから仕方のない事なんですけどね。だから将来的には、庭に小屋でも建てようかと思っています。

僕の作業部屋や仕事部屋として使ってもいいし、娘が結婚して里帰り出産するようなら、階段の上り下りが大変だと思うのでそのための部屋としてもいいですよね。

— 庭の林化計画と言い、なかなか壮大なプランですね。ちなみに小屋はBESSのIMAGO(イマーゴ)ですか !?

検討中です。本当は自分の手でイチから建ててみたいんですが、妻からはヤメてくれと言われてます(笑)。実は自作した薪棚が台風で壊れちゃったことがあって……。薪棚は最初2段積みにしていたんですよ。D.I.Y.に失敗はつきものなので、この失敗は次に活かすつもりです。

でもまぁ、なんだかんだこうやって自分で作ったり古いものをメンテナンスして行くのが好きなんです。もうすぐ第二子も誕生するので、家族4人で暮らしながらどんなふうに家も家族も育っていくのか、楽しみは尽きません!

暮らしの逸品。

①Chemexのコーヒーメーカー

お互いコーヒー好きとのことで、子どもが生まれる前はよくカフェ巡りをしていたという高田夫妻。「今はなかなか難しいので、娘を寝かしつけた後に飲むコーヒータイムが2人でゆっくり過ごせる癒しの時間です。コーヒーを入れるのは圧倒的に妻が上手ですね(笑)」

②愛車のミニクーパー

学生の頃から乗り続けているという、今は2代目となる”オースチンセブン”。「結婚前から2人で乗っているので思い入れたっぷりです。雪道を走っていたとき、ワイパーが小さく力が弱いため窓全体が凍ってしまったことも。 焦って妻に窓から手を伸ばして拭いてもらったのは、良い思い出です(笑)」

 

Photo/Dai Yamamoto

BESS ワンダーデバイス フランク

ワンダーデバイスは、BESSの「家は道具」という考え方をつきつめ、家をただの四角い箱ではなく、暮らしを楽しむための「装置」として開発された人気シリーズ。人間、生き方がまったく異なるように、異なるWONDER DEVICEになっていく。おもしろい人生を、もっと、おもしろく。まるで暮らしを変えてしまう。野心のリミッターを外す家なのだ。


(問)BESSスクエア tel:03-3462-7000 www.bess.jp
FB:BESSの家 Instagram:@bess_slowlife

 

「BESSの家」とは?

「BESSの家」とは?

「住む」より「楽しむ」をスローガンに、ログハウスなど個性豊かな木の家での暮らしを提供しているBESS(ベス)。住む人が遊びごころを活かし、自然体でおおらかな毎日を過ごせる家づくりが魅力のひとつだ。www.bess.jp

< 12
Tags
Akihiro Takeji