キャンプのくつろぎを、お家で体現!【BESSの家・お宅訪問編 vol.24】

pr
キャンプのくつろぎを、お家で体現!【BESSの家・お宅訪問編 vol.24】

家の中でも外でも、使える道具を活用。

― この家に暮らし始めたことで何か変化はありましたか?

マンション暮らしと違って、気兼ねなく人を呼ぶことができるのが嬉しいです。ワンダーデバイスを建ててからは、友人やお店のスタッフを招いてBBQを開催する機会が増えました。デッキや土間でくつろぎながら楽しんで、疲れたら部屋で休んでもらう……。河原やキャンプ場でのBBQも楽しいですが、現地へ集合して、準備やら片付けやら意外と大変ですよね。家の方がいろいろ便利でしょ?

― 実際に住まわれて、気に入っている場所はありますか?

やっぱり土間です。開放的でくつろげて、仕事の疲れもリセットされて、一気にリラックスできますね。来客時にもなにかと便利です。目地に汚れがたまるのが大変なんですけど、マキタの掃除機でこまめに掃除してます(笑)。

玄関を入るとすぐに広い土間スペースが。「休日は、ほとんどの時間をここで過ごします」。

― 奥さまのお気に入りの場所はどこですか?

私はキッチンです。マンション暮らしの頃に比べて圧倒的に広いし、居心地がいいんです。

コーヒー好きの夫妻。後ろの棚にはスターバックスのタンブラーやマグカップ、グラスなどがずらりと並ぶ。

― 住んでみて不満な点はありますか?

特に不満はありませんよ! 強いていえば、もうちょっと、土間はもっと広くしたかったかな。でもそのぐらいですね。あとは、通勤時間だけど、それは言っても仕方ないことなので(笑)。

 

暮らしの逸品。

①オリーブの樹

いろいろ育てている植物の中でも庭にあるオリーブが特にお気に入り。「シンボルツリー的な感じで家の完成記念に植えたものです。国産オリーブの産地・香川にあるオリーブ農園SOUJUさんで買いました」

②ロッジのスキレット

キャンプ料理には欠かせないスキレット。「普通のフライパンと違って料理がおいしく仕上がるし、IHやオーブンも利用できるのがいいですね。大きいものはキャンプでパエリアを焼いたり、小さいものはアヒージョをつくったりと使い分けて、キャンプやBBQだけじゃなくて自宅でも活躍させています」

 

Photo/Dai Yamamoto

BESS ワンダーデバイス(フランクフェイス)

ワンダーデバイスは、BESSの「家は道具」という考え方をつきつめ、家をただの四角い箱ではなく、暮らしを楽しむための「装置」として開発された人気シリーズ。フェイス(外観)、サイズ、インナースタイル(Woodyスタイル、土間スタイル)を選び、自分らしいデバイスを加えて住む人の個性、ライフスタイルに応じた自分仕様にカスタマイズ。遊びごころで組み立てる家なのだ。


(問)BESSスクエア tel:03-3462-7000 www.bess.jp
FB:BESSの家 Instagram:@bess_slowlife

「BESSの家」とは?

「BESSの家」とは?

「住む」より「楽しむ」をスローガンに、ログハウスなど個性豊かな木の家での暮らしを提供しているBESS(ベス)。住む人が遊びごころを活かし、自然体でおおらかな毎日を過ごせる家づくりが魅力のひとつだ。www.bess.jp

< 12
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル