オトナなスケートデッキ? 人気 NO.1アイリッシュウイスキーJAMESONと、AlexanderLeeChangの異色コラボが話題に。

pr

ウイスキー発祥の地として知られるアイルランドで、1780年に誕生したアイリッシュウイスキー、JAMESON(ジェムソン)。3回蒸留によるなめらか口当たりと豊かな味わいで飲みやすく、なかでも人気が高い飲み方がカクテルの“ジェムソン ジンジャー&ライム”。

ジンジャーのスパイシーさとライムの香りがほどよくブレンドされた爽やかな風味が特徴的だけど、そんなオトナなカクテルの魅力を洗練されたグラフィックで表現したスケートデッキが登場した。

このデッキは、ジェムソンが期間限定でリリースするオンライン8bitスマホゲーム『JAMESONカンパイダッシュ!』にチャレンジすると抽選で当たる。

アレキサンダー・リー・チャン(AlexanderLeeChangデザイナー)プロスケーターを経て、2003年より自身の名を冠にしたブランド、アレキサンダー・リー・チャンをスタート。ヴァンズ ジャパンのスケートマネージャーも務めている。

デザインを手掛けたのはGO OUTでもお馴染みのブランド、AlexanderLeeChang(アレキサンダーリーチャン)のデザイナー、アレキサンダー・リー・チャンさん。プロスケーターとして活躍してきたキャリアもあるため、スケートボードは身近な存在。それでも、ウイスキーメーカーとのコラボはかなり異色と言える。

JAMESON×AlexanderLeeChang コラボレートデッキ

そこで今回のコラボデッキが実現した経緯や、グラフィックのこだわりなどを本人に直撃。定番カクテルの“ジェムソン ジンジャー&ライム”も用意して、お酒との付き合い方も聞いてみた。

グラフィックは“ジェムソン ジンジャー&ライム”をイメージ。

ーまずはコラボデッキが誕生した経緯から教えてください。

「スケートボード繋がりの後輩がジェムソンの関係者なんです。それで声をかけてもらったのがキッカケです。最初は一緒にウエアを作りませんか?という話でしたが、ボクの方からスケートボードのデッキを提案をさせていただきました」。

ーデッキのデザインのコンセプトや、こだわった部分を教えてください。

「ベースとなる配色はジェムソンのテーマカラーから。グラフィックは“ジェムソン ジンジャー&ライム”をイメージして、ジンジャーやライムのモチーフは、旧い図鑑などを参考にしてデザインしています。あとはスケートボードのデッキらしく、大きなロゴを入れたくて、中央にジェムソンのロゴを配置しました」。

ゲームは昔から大好きだから、8bitのグラフィックは懐かしい。

ーこのデッキは3月末まで展開するジェムソンのオンライン8bitスマホゲーム『JAMESONカンパイダッシュ!』にチャレンジすると抽選で当たるアイテムだとか。

「そうなんです。ゲーム画面は見たことあるけど、まだプレイしたことないんですよ。ボクの世代だと8bitのグラフィックは、かなり懐かしい。実はゲームは昔から大好きなんです。ハマり過ちゃうから、あまりやらないようにしているだけで」。

ーそうなんですね。ではせっかくなので、ちょっとプレイしてもらますか? 主人公が抱えているのは、このコラボデッキらしいです。

「やってみましょうか。この横スクロール系は、昔ハマったファミコンソフトの『がんばれゴエモン』を思い出しますね(笑)。あとはやっぱり『スーパーマリオ』とか……。でもこれはもっと手軽に楽しめるから、仕事の休憩時間にやるのに丁度いいかも」。

JAMESONカンパイダッシュ!』をプレイする

ジェムソンはクセがないからロックでもいいかも。

ー得点が高い方が、デッキが当たる確率が増えるらしいです。ちなみにリーさんは、お酒は嗜みますよね?

「お酒、好きですよ。でも1人ではあまり飲まないです。1人で友達のお店に飲みに行くことはあるけど。いつも友達と飲んでいますね。それこそスケーター仲間とか。ウイスキーも好きですよ」。

ーウイスキーはどういう飲み方が好きですか? 今日は“ジェムソン ジンジャー&ライム”もありますが。

「最近はハイボールが多いです。“ジェムソン ジンジャー&ライム”も美味しいですよね。ジンジャーの風味も効いていて後味がいいから、かなり飲みやすいと思います。でもジェムソンはクセがないからロックでもいいかも。ライムだけ絞って飲むとか」。

オトナになってTPOに合わせた飲み方ができるようになった。

ーウイスキーのロックも似合うアラフォー世代ですが、リーさんが考えるオトナのお酒との付き合い方を教えてください。

「どうだろう。若い頃は安いお酒しか知らなかったけど、オトナになった今はそれだけじゃないから、単純に嗜み方の振り幅は広がりましたよね。TPOに合わせた飲み方ができるっていうか。これしか飲まない、こういう飲み方しかしないって決めないのがオトナなのかも」。

ーウイスキーだけでもいろいろな飲み方がありますからね。では最後に、この春はどんなお酒を楽しみたいですか?

「モヒートが好きだから、(ラムの代わりに)ジェムソンでモヒートを作ってみたいですね。さっきも言ったけど、クセがないからモヒートのベースにも使えると思うんですよ。ミントの風味にもマッチしそうだし。ジェムソンのモヒートを海辺とかで飲めたら最高ですね。それこそオトナですよ(笑)」。

JAMESON ジンジャー&ライム

“ジェムソン ジンジャー&ライム”は、アイリッシュウイスキーのジェムソンを代表するカクテル。作り方はジェムソンとジンジャーエールを約1対3の割合で混ぜて、くし形に切ったライムを、果汁を絞り入れてからグラスに入れるだけ。男女問わずに気軽に楽しめるため、世界中で愛されている。

『JAMESONカンパイダッシュ!』で遊んで、コラボデッキを入手しよう!!

オンライン8bitスマホゲーム『JAMESONカンパイダッシュ!』は、アイルランド最大の祝祭日『セント・パトリックス・デー』を盛り上げるための企画で、3月2日(月)〜3月31日(火)の期間限定で遊ぶことが可能。“ジェムソン ジンジャー&ライム”の材料を正しい順番に集め、ゴールに辿り着くまで何杯カクテルを作れるかを競う内容となっている。

ゲームに挑戦すると、抽選で100名にジェムソンの豪華アイテムがプレゼントされるが、今回のコラボデッキは、その大賞となるアイテム。他にもオリジナルリュックやキャップなど、様々なジェムソングッズが用意されているとか。

スコアが高いほど当選確率がアップするが、期間中は何度でも挑戦できるため、ハイスコアを叩き出してコラボデッキを入手しよう!!

JAMESONカンパイダッシュ!』をプレイする

 

セント・パトリックス・デーを祝う限定デザインボトルも絶賛リリース!!

JAMESON『ジェムソン セントパトリック・デー・リミテッド2020』 ¥2278

ジェムソンでは、「セント・パトリックス・デー」を祝う限定デザインボトル『ジェムソン セントパトリック・デー・リミテッド2020』も好評発売中。

シリーズ第8弾となる2020年版のデザインコンセプトは“Join in”。「セント・パトリックス・デーを気の合う仲間と一緒に祝おう!!」というメッセージと共に、遊びココロ溢れるユニークなラベルに仕上げられている。

Photo/Dai Yamamoto

  • オトナなスケートデッキ? 人気 NO.1アイリッシュウイスキーJAMESONと、AlexanderLeeChangの異色コラボが話題に。
  • オトナなスケートデッキ? 人気 NO.1アイリッシュウイスキーJAMESONと、AlexanderLeeChangの異色コラボが話題に。
  • オトナなスケートデッキ? 人気 NO.1アイリッシュウイスキーJAMESONと、AlexanderLeeChangの異色コラボが話題に。
  • オトナなスケートデッキ? 人気 NO.1アイリッシュウイスキーJAMESONと、AlexanderLeeChangの異色コラボが話題に。
  • オトナなスケートデッキ? 人気 NO.1アイリッシュウイスキーJAMESONと、AlexanderLeeChangの異色コラボが話題に。
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout