肌寒くなった深秋に手に入れたい“フワモコ”なアウター7選。抜群の暖かさは一度着用するとヤミツキに!!

GO OUT編集部

思わず顔を埋め尽くしたくなるほど柔らかな質感のボア&フリースと、袖を通した瞬間から暖かさが実感できるダウン&中綿。素材感のあるアウターは保温性を発揮すると同時に、着こなしに取り入れるだけで秋冬らしい温もりも与えてくれます。

衣替えの時期にチェックしたい、そんな“フワモコ”なアイテムがGO OUT Onlineにて大量入荷。その中から7つの新作モデルをピックアップしました。

Table Of Contents : 目次

01. カウチンモチーフの柄を毛足の長いボアに搭載。

MANASTASH/MT. BUFFALO JKT ’22 各¥19800

レトロテイストなボアジャケットをベースにしつつも、ヴィンテージのカウチンセーターからインスパイアされた柄を落とし込んでモダナイズ。カラフルなジッパープルや左サイドのロゴラベルが、落ち着いたボディカラーのアクセントになっています。

しかも防風シートが備えられたうえ、袖口や裾には伸縮性に優れたテーピングをプラス。冷風を遮る防寒性も追求されています。

 

02. アメリカ軍のレイヤリングシステムがデザインソース。

ROARK/GEN3 FLEECE P/O CREW ¥12650

アメリカ軍が80年代後半に採用したエスワックス(EXTENDED COLD WEATHER CLOTHING SYSTEM)という極寒冷気候向けのレイヤリングシステム。そのフリースジャケットがベースとなっただけに、ミリタリーならではのソリッドな佇まいに。

柔らかなフリースをベースに、よく擦れる肩部・脇部・胸ポケットは60/40クロスを切り替えて補強。耐久性を高めた異素材使いも男心をくすぐられます。

 

03. 品のあるシャギーボアと機能的なナイロンを表裏に配置。

gym master/リバーシブルボア × タスロンスタンドジャケット ¥14080

光沢感があって上品なシャギーボアと、天然素材のような風合いを持つタスランナイロンのリバーシブル。細かなボアが空気を溜め込んで保温性を発揮するため、より暖かく着用したいときはボア側を内側にして着用するのがおすすめ。

ジムマスターらしいクレイジーパターンも魅力で、コーディネートが暗くなりがちな秋冬のスタイリングで主役になってくれます。

 

04. リラックスタイムにも重宝するほど着心地が軽やか。

MANASTASH/THERMAL FLEECE VEST 各¥13200

凹凸のある表情が個性的なジャガードフリースを用いたベスト。着ているのを忘れているかのように軽やかなため、自宅やテントサイトのリラックスウエアとしても活躍してくれます。

また、襟元から前立て上部にかけてアイコンを落とし込んだテーピングをプラス。現代的な素材を使いつつもデザインはレトロに仕上げた、マナスタッシュのミックス感覚が映えた一枚に。

 

05. 永く愛用できるミリタリーの名作アウター。

ALPHA INDUSTRIES/MONSTER PARKA ¥34980

前述のエスワックスと同じく、米軍が特殊部隊に供給するレイヤリングシステムのピーシーユー(Protective Combat Uniform)。こちらのモンスターパーカーはその中でレベル7と呼ばれ、装備の上から羽織るようにデザインされているアウターです。

それだけに今的なオーバーサイズに仕上げられ、背面がやや長めのロングシルエット。軽くて保温性の高いサーモライトの中綿が身体を包み込んでくれます。

 

06. スッキリ着られるダウン量でありながらも防寒性は申し分なし!

VARG/(左)Algon Down Anorak ¥52800、(右)Sarek Long Down Hood Anorak ¥63800

スウェーデン発ブランドのアイコン的モデルらしく、北欧テイストが感じられるクリーンなダウンジャケット。程よい厚みでありながら、スカンジナビアの冷風でも保温力を提供してくれるほどの暖かさです。

アノラック型のアウターですが、サイドにジップを設けているので脱着がスムーズにできるのもポイント。

 

これからの季節で即戦力になってくれる“フワモコ”なアウターはGO OUT Onlineにて発売中。抜群の暖かさは一度着用するとヤミツキになってくれます!!

Photo/Taizo Shukuri

Tags
GO OUT編集部