開催まであと6日! TOKYO OUTDOOR SHOW 2023には総勢99社が出展!!

アウトドアをハブに環境、ファッション、ライフスタイル、観光、乗り物などのライフスタイルテーマをつなぐイベント「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」は1月13日(金)〜15日(日)、幕張メッセにて開催。

今年は「INTO THE FIELD」をテーマに日本のアウトドアフィールドの素晴らしさと、そこでの楽しみ方をさまざまな角度から紹介します。

気軽に遊ぶことができる近所の里山から、世界が憧れる絶景の秘境まで、実際にフィールドへ足を運ぶことで得ることができる経験や、その土地が持つ魅力、アウトドアで遊ぶためのグッズ紹介など、ここに来れば、日本各地にあるアウトドアフィールドとあなたの距離が、ぐっと近くなること間違いなし。

Table Of Contents : 目次

なんと総勢99社もの多種多様なブランドが一堂に集結!

今回の出展ではアウトドアギア、クルマ、インテリア、アパレル、食品などジャンルレスなブランドや企業がそれぞれの特化したコンテンツやアイテムを提案。

GO OUTでもお馴染みの「Danner(ダナー)」、「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」、「CWF(シーダブリューエフ)」、「go slow caravan(ゴースローキャラバン)」、「MOUNTAIN RESEARCH(マウンテンリサーチ)」などのアパレル勢は充実のラインナップ。

キャンプギア勢においても日本が世界に誇るアウトドアブランド「snow peak(スノーピーク)」と「SABBATICAL(サバティカル)」が2023年春に発売予定の新製品を先行で展示。

そのほかにも無骨なデザインで人気を集める「GARELLA ‘EKAHI WORKS(ガレラ エカヒ ワークス)」、ステンレスボトルブランドとして世界中に愛用者がいる「Hydro Flask(ハイドロフラスク)」、製本機メーカーという異業種が手掛けるアウトドアブランド「Div-Horizon(ディーアイブイホリゾン)」などの個性豊かな面々も集結します。

韓国エリアに注目! 人気アイテムを実際に手に取り、体験できるチャンス。

そして、今回新たに設けられたKorean Outdoorエリアも要注目。日本でも注目されている韓国発のアウトドアブランド「BROOKLYN WORKS(ブルックリンワークス)」や「ZEROGRAM(ゼログラム)」などの参戦も決定しているんです。

続いて、キャンプ・アウトドア業界で絶大な人気を誇るガレージブランドの集団「M16」の出展も決定。毎回即完してしまうほどの人気アイテムだけではなく、今回はなかなかお目にかかれないレアなアウトドアカーも引き連れてくれます。クルマ好きな方はこちらのチェックもお忘れなく。

アパレルやギアに続いて、自動車メーカーもアウトドア仕様で参戦

今回の開催では自動車メーカーも充実のラインナップを展開。日本が世界に誇るトヨタ自動車が展開する高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」。高級セダンの快適性と乗り心地とSUVの機能性を兼ね備えた、レクサスSUVを代表するモデル「RX」シリーズをアウトドア仕様にアレンジして展示。 

加えて、中国の自動車メーカー「BYD(ビーワイディー)」の日本導入モデルの第1弾「ATTO 3(アットスリー)」。「DAIHATSU(ダイハツ)」の軽トラのハイゼットをカスタマイズモデル、ランドクルーザー&ハイエースを中心に新車・ユーズドカーをカスタムして販売するプロショップ「Renoca by FLEX(リノカ バイ フレックス)」。

車体以外にもルーフトップテントもカーサイドオーニングを得意とするオーストラリア発の「DARCHE(ダーチ)」、圧倒的な防水機能と軽量かつ頑丈で日光や水に強い車載用ルーフテントを提案する「WILD GEAR(ワイルドギア)」と「SHINOBI(シノビ)」のコラボブース。

オーストラリア発のヴィンテージ感あふれるハイエンドなeバイクを提案する「Michael Blast eBikes(マイケル ブラスト イーバイク)」など、クルマやバイク関連のブランドも会場を盛り上げてくれます。

また、東京オートサロンや鈴鹿サーキットとのコラボレーションによるオークションを運営するBINGO SPORTSによる世にも珍しい希少な車も展示。こちらはなんとオークションが開催され、実車を見ながら参加することができるという浪漫の詰まったコンテンツも用意されているんです。

前回の開催でも人気を博したスパイスエリアがパワーアップ

2022年の開催時も好評だったスパイスエリアが再登場。キッチンのお供としてお馴染みのクレイジーソルトをはじめ、さっぱりゆずとピリ辛唐辛子で唐揚げ、焼き鳥のうまみを引き出してくれる鶏の陣ソース、気軽にジャークチキンが作れるジャークシーズニングソース。キャンプだけでなく、自宅でも使いたくなる「食」のブースも用意しています。

開催は1月13日(金)〜15日(日)の3日間。チケット絶賛発売中です!!

ここまで紹介してきましたTOKYO OUTDOOR SHOW 2023の豪華な出展リスト。公式HPでは全てのブランドをチェックすることができるので、会場に足を運ぶ前の予習としてぜひチェックしてみてください。

出展ブランド一覧はコチラ>>

そして、チケットに関しては現在発売中です。TOKYO OUTDOOR SHOWに並び、同日同所では東京オートサロンも開催されており、合わせて入場できるチケットも用意。アウトドアだけでなくクルマも、たっぷりと堪能することができるお得なチケットの購入をオススメします。

・TOKYO OUTDOOR SHOW 2023 入場券 1/13(金) 2,000円
・TOKYO OUTDOOR SHOW 2023 入場券 1/14(土) 1,500円
・TOKYO OUTDOOR SHOW 2023 入場券 1/15(日) 1,500円
・TOKYO OUTDOOR SHOW 2023 + TOKYO AUTO SALON 2023 入場券1/13(金) 4,000円
・TOKYO OUTDOOR SHOW 2023 + TOKYO AUTO SALON 2023 入場券1/14(土) 3,000円
・TOKYO OUTDOOR SHOW 2023 + TOKYO AUTO SALON 2023 入場券1/15(日) 3,000円

チケット購入はこちらから>>


TOKYO OUTDOOR SHOW 2023

日程:
2023年1月13日(金)9:00〜19:00 ※ビジネスデイ(業界&報道関係者) / 14:00〜19:00(一般特別公開(予定))
2023年1月14日(土)9:00〜19:00(一般公開日)
2023年1月15日(日)9:00〜18:00(一般公開日)

場所:幕張メッセ(日本コンベンションセンター) 
   千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

公式サイト:www.tokyooutdoorshow.jp/

主催:TOKYO OUTDOOR SHOW 実行委員会


Tags
Kei Matsuo