実はこのアイテムがスゴいんです! 「モンベル」の隠れた逸品を調査!

登山を始めとしたあらゆるソト遊びのギアやアパレルが揃う総合アウトドアブランド「mont-bell(モンベル)」。コスパ良好な定番アイテムはもちろん、独特のストラップ形状が履きやすいと人気を集めるサンダルや、ここ数年、人気が沸騰している折り畳み傘など、数々のヒットアイテムを生み出している。

しかし、そんな人気アイテムの陰に隠れて、なかなかスポットライトが当たらず、真価を発揮できていないアイテムもある。そんな“隠れた逸品”を探し出そうと、モンベル東京京橋店へ。

モンベルの商品を知り尽くした広報担当の狩野さんに「今はまだ注目されていないけれど、実はすごい!」という一押しアイテムをセレクトしてもらった。

Table Of Contents : 目次

01.大容量でコスパ良好なトートバッグが3モデルも。

狩野さんが最初に紹介してくれたのは、狩野さん自身もヘビーユースしているというトートバッグ3モデル。どれもギアをたっぷり収納できる大容量、かつコスパも良好なアイテムだ。

mont-bell「タフトートL」¥5390

「タフトートL」は、厚手で強度と防水性に優れた生地を使用したトートバッグ。釣りやカヤックなどの水遊びギアの収納に最適で、容量はたっぷり55L。

「このタフトートは厚手のターポリン生地なので、濡れたウエアだけでなくアイゼンやスノーシューなどの刃があるものを入れてもOK。泥で汚れたギアを入れても、水洗いで簡単に汚れを落とせます。縫い目には防水処理を施していないので短時間だけですが、水をためてバケツ代わりに使っている人もいますね」。

mont-bell「キャンピングトートバッグ L」¥8800

「キャンピングトートバッグ L」は、なんとたっぷり100Lも入る大容量トートバッグ。実際にギアを入れてみると、家族4人分のシュラフ、ヘリノックス4脚、4人用ドームテント1張りを楽々収納することができた。狩野さんはこのトードバッグに家族4人分のキャンプギアを入れて、押し入れにしまっているという。

「大量のギアをまとめて持ち運べるトートバッグですが、ギアを詰め込んで重くなっても、ショルダーベルトで肩に掛けるときにボトム部分のハンドルを持つことで肩への食い込みを軽減できて、とても持ちやすいんですよ。バッグの底部には10mm厚のクッション材が入っているので、焚き火台など金属製のギアを入れても、クルマやテントのフロアを傷つけることがありません」。

mont-bell「メッシュトートバッグ」¥6490

モンベルでメッシュバッグというとバックパックタイプの「メッシュギアコンテナ」が人気になっているが、そのトートバッグバージョンともいえるのが「メッシュトートバッグ」。容量はたっぷり100L。

「メッシュなので濡れるものを入れるのに便利で、ぼくは夏には水遊びのギア、冬はスキーウェアなどを入れて、オールシーズン使っています。キャンプで使うときには、細かいギアを入れてもメッシュで外から収納物が見えるので探しやすくて便利ですよ」。

ちなみに狩野さんによると、この「メッシュトートバッグ」と「キャンピングトートバッグ L」はアウトドアシーンだけでなく、大量の衣類を持ち運ぶスタイリストさんの間でも密かな人気になっているそうだ。

02.モンベルがジャージを新定義。アウトドア用の機能素材で作った超快適モデル。

mont-bell「マウンテン ジャージジャケット」¥7150/「マウンテン ジャージパンツ」¥5830

モンベルがアウトドア向けの機能性素材を使ってジャージをリファインしたのが「マウンテン ジャージジャケット」と「マウンテン ジャージパンツ」。二層構造のストレッチ生地を採用することで空気層をつくり、通気性と保温性を両立。制菌加工が施された防臭仕様になっている。

「このジャージは売り場では目立たない存在かもしれませんが、着てみたら快適さが分かるアイテムだと思います。実はモンベルのスタッフが仕事でアウトドアイベントなどに行くときに、スタッフの着用率が非常に高いんですよ。汗冷えしにくいのでトレッキングなどのアクティビティはもちろん、テント内でぬくぬく過ごす引き籠りキャンプやデイリーの部屋着にもいいですよ」。

03.上着を脱がずにサッと着脱できる、ジッパー式の腹巻き。

mont-bell「ジオライン EXP.サイドジップ ウエストウォーマー」¥2530

「今も知る人ぞ知る隠れたヒット商品なんですが、もっとたくさんの人に使ってもらいたいアイテム」と狩野さんが教えてくれたのが、「ジオライン EXP.サイドジップ ウエストウォーマー」。サイドジッパーをつけることで上着を脱ぐことなく着脱が簡単にできるように改良された厚手の“腹巻き”で、厳寒地での使用にも対応する保温性と、汗冷えを防ぐ優れた速乾性を備えている。

「ストレッチ性に優れていて運動中でもずれにくいので、登山やトレランの内臓冷え対策として人気のアイテムです。サイドジッパーで着脱できるので、行動中でも上着を脱ぐことなく装着できて、暑くなったらサッと取り外せます。仕事で長い時間を屋外で過ごす人からも人気になっています」

04.フェスやフィッシングから積雪時まで活躍する長靴。

mont-bell「ペスカドールブーツ ショート」¥5060

「もともとは農作業や水産業で使ってもらうことを意識して作った長靴なんですが、キャンプや釣り、フェスシーンに活用する人が増えてきています」というのが、この「ペスカドールブーツ ショート」。

「アッパーには魚油や機械油に対する耐油性を備えた素材を使用。アウトソールは船の上などの濡れた地面でも滑りにくい独自のパターンを採用しているので、特にフィッシングシーンには最適です。日本人の足に適した足型を使っていて、通常のインソールに加えてサイズ調節用のインソールも付属しているので、かかとが浮きにくくしっかりと足にフィットしてくれます」。

落ち着いたダークブラウンカラーで、光沢を抑えたマットな質感に仕上げたデザインなので、積雪時などデイリーでの着用もしやすいのも嬉しいポイントだ。

派手さはないものの、使い勝手が考えられていて、使ってみるとその良さが分かって手放せなくなる。また、フィールドで見かけたり知り合いが使っていたりして、口コミでその良さが広がっていく。そんな隠れた銘品が多いのもモンベルの特徴と言えそうだ。


(問)モンベル・カスタマー・サービス tel:06-6536-5740 www.montbell.jp/

Tags
Shinya Miura