外遊びの幅がグッと広がる、タフなe-BIKE 8選。100km以上のロングライドも可能!

混雑する公共交通機関を避けて自転車で通勤したり、休日には遠出を控えて自転車でポタリングを楽しんだりする人が増えてきている。

そんななか、いつもの自転車より楽に遠くまで走れたり、坂道を汗だくにならずに走れたり、街乗りからフィールドまで活躍するe-BIKEに今注目が集まっている。

新車のバイクが買えてしまうような値段だが、スポーツ感覚で気軽に乗れる自転車ならではの側面と、バイク並みの行動範囲を誇るe-BIKEは、現代の生活様式にジャストフィットした乗り物なのだ!

いま、e-BIKEがアツい。

e-BIKEという言葉を耳にすることが増えたが、電動ママチャリに代表されるような電動アシスト自転車と実際どう違うのか?

簡単に説明すると、e-BIKEはロードバイクやMTB、クロスバイクなどのスポーツサイクルに、専用のドライブユニットを搭載した自転車。つまり、スポーツタイプの電動アシスト自転車のことだ。

もともと自転車人気が高いヨーロッパでは、e-BIKEが数年前から大流行。そして遅れること数年で、日本でも各メーカーがこぞって新商品をリリース。未舗装の坂道も楽々のぼれたり、100km以上のロングライドも可能なe-BIKEが今アツいのだ!

今回は、そんな遊びの幅も広がるe-BIKEをおしゃれアウトドア的観点から8モデルをセレクトしてみた。

 

01. Corratec(コラテック)

Corratec「E-POWER X VERT CX」¥437800

ドイツの小さなショップからスタートし、独創的なアイデアで知られる自転車ブランド「コラテック」。日本のプロフェッショナルライダーが開発に携わって、日本のトレイル遊びに最適化した国内オリジナル設計のeMTBが「E-POWER X VERT CX」だ。

トレイル遊びに最適なフレーム形状を採用していて、トレイルライディングを楽しむためのハードテールeMTBとなっている。

ドライブユニットには、ボッシュの新型eMTBユニット「Performance Line CX」を搭載。eMTBモードではあらゆる路面コンディションで最適なトラクションコントロールを発揮する。

【SPEC】
サイズ:39cm、44cm
重量:22.2kg(39cm)
フレーム:E-POWER SHADOW TUBE アルミ
コンポーネント:SHIMANO DEORE
変速方式:10段
タイヤ:27.5×2.8
パワーユニット:BOSCH Performance Line CX
充電時間:500W:約4時間30分(0%-100%)
走行距離:約140km(Power Tube500使用時)

■Corratec http://www.corratec-bikes.jp/products/detail/pg2455923.html

 

02. YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHA「YPJ-MT Pro」¥660000

ヨーロッパで数多くのe-BIKEに採用されているヤマハ最小・最軽量のフラッグシップドライブユニット「PW-X2」をシリーズとして初採用したフラッグシップモデル。

トップチューブとダウンチューブがそれぞれ2本に分かれた特徴的な構造「ヤマハデュアルツインフレーム」を採用。これは、モーターサイクルで実績のあるツインチューブフレームにインスパイアされたもので、ヤマハらしい独創的なフレームになっている。

フルサスモデルで、リヤサスペンションはトップチューブの間に配置。バッテリーは2本のダウンチューブで挟み込むようにすることで、剛性と車体重量のバランスを最適化し、操作性や取り回し性も向上している。9月25日発売予定。

【SPEC】
サイズ:S(39cm)、M(40cm)、L(41cm)
重量:23.8kg(S)
フレーム:ヤマハ Dual Twin フレーム(アルミ製)
コンポーネント:SHIMANO DEORE XT
変速方式:外装11速(前1速×後11速)
タイヤ:27.5×2.8
パワーユニット:YAMAHA PW-X2
充電時間:約3.5時間
走行距離:133km(ECOモード)

■YAMAHA https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/ypj/ypj-mt-pro/

 

03. Panasonic(パナソニック)

Panasonic「XM-D2 V」¥701800

本格的な前後サスペンションを搭載し、凹凸のあるオフロードでの走行でも格段に安定した走行を実現したパナソニックのe-MTBが「XM-D2 V」。

ドライブユニットはパナソニック独自の「マルチ スピード ドライブ ユニット」。内装2段変速機構を搭載しているユニットなので、外装11段のギヤとあわせて、22段という高いギヤ比があるのが特徴だ。充電時間は約4.5時間で、1回の充電で最大約107kmの走行が可能(ECOモード)。

【SPEC】
サイズ:42cm
重量:26.5kg
フレーム:アルミダブルサスペンションフレーム
コンポーネント:SHIMANO SLX
変速方式:22段 (前)内装2段×(後)外装11段
タイヤ:27.5×2.80HE
パワーユニット:パナソニック マルチ スピード ドライブ ユニット
充電時間:約4.5時間
走行距離:107km(ECOモード)

■Panasonic https://cycle.panasonic.com/products/ewmd/

 

04. mont-bell(モンベル)

mont-bell「シャイデック MT-E」¥407000

モンベルがプロデュースする軽量自転車シリーズ「シャイデック」初のe-MTBが「シャイデック MT-E」。ドライブユニットには、シマノの「STEPS E8080」を搭載。約5時間の充電で最大140km走ることができる。

モンベルがプロデュースしているということで、日本人の体格や起伏に富んだ日本の地形にフィット。コストパフォーマンスも◎。

【SPEC】
サイズ:42cm
重量:21.8kg
フレーム:アルミニウム合金
コンポーネント:SHIMANO SLX
変速方式:外装11段
タイヤ:650B×2.8
パワーユニット:SHIMANO STePS E8080
充電時間:約5時間
走行距離:140km(ECOモード)

■mont-bell https://www.scheidegg.jp/menu173/contents1097

 

05. BESV(ベスビー)

BESV「TRS2 XC」¥396000

デザインがヨーロッパでも評価されているe-BIKE専業メーカー「ベスビー」の「TRS2 XC」は、ドライブユニットにシマノの「STEPS E8080」を搭載したクロスカントリーハードテール。

タイヤは27.5×2.35で、オフロードから街乗りまでフィールドを選ばないオールマイティなバイクだ。

純正オプションのフェンダー(泥除け)やリアキャリアを装着すれば、ツーリングキャンプ仕様としても使うことができる。約4時間の充電で140kmのロングライドが可能だ。

【SPEC】
サイズ:40cm(S)、 42.5cm(M)
重量:20.8kg(S)、20.9kg(M)
フレーム:アルミニウム
コンポーネント:SHIMANO Deore
変速方式:10段
タイヤ:27.5×2.35
パワーユニット:SHIMANO STePS E8080
充電時間:約4時間
走行距離:140km(ECOモード)

■BESV https://besv.jp/products/trs2-xc/

 

06. TREK(トレック)

TREK「Powerfly 5」¥533500

アメリカの総合自転車ブランド「トレック」のe-MTB「Powerfly 5」の2021年モデル。コンパクトで軽量なボッシュ製のドライブユニット「Performance Line CX」を搭載。バッテリーが完全にフレームに内蔵されているので、通常のMTBと変わらないすっきりしたスポーティーなデザインが特徴だ。

バッテリーは簡単に取り外しが可能で、取り付けたままでの充電も可能。発売はこの秋の予定となっている。

【SPEC】
サイズ:39.4cm(S)、41.9cm(M)、47.0cm(L)、52.1cm(XL)
重量:23kg(M)
フレーム:アルミニウム
コンポーネント:SRAM EAGLE
変速方式:12段
タイヤ:27.5×2.35(S)、29×2.30(M,L,XL)
パワーユニット:BOSCH Performance Line CX
充電時間:約4.5時間(※2020年モデル参考)
走行距離:最大約140キロ(※2020年モデル参考)

■TREK https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/

 

07. FUJI(フジ)

FUJI「FARPOINT」¥306900

2020年モデルから国内のe-BIKE市場に参入したフジが、グラベルバイクの「JARI」シリーズのフレームをベースに開発したe-BIKEが「FARPOINT」(※グラベルバイクとは、未舗装路の砂利道などでも快適に走れるように設計された自転車のこと)。ユニットはシマノの「STEPS」シリーズの中でも最軽量の「E5080」。

バッテリーをシートチューブ後方に配置しているのが特徴で、フレームバッグの装着も容易となっている。オプションの専用リアキャリアを装着することで大容量の積載も可能で、荷物をたくさん積んでのツーリングキャンプにも最適だ。

【SPEC】
サイズ:M、L
重量:19kg
フレーム:Fuji A6-SL Super Butted Aluminum
コンポーネント:Shimano Alivio
変速方式:9段
タイヤ:650×47c
パワーユニット:SHIMANO STePS E5080
充電時間:約4時間
走行距離:105km(ECOモード)

■Fuji https://www.fujibikes.jp/products/farpoint/

 

08. GIANT(ジャイアント)

GIANT「FATHOM E+ PRO」¥418000

世界最大規模の自転車メーカー「ジャイアント」のフロントにサスペンションを備えたハードテールのe-MTB。ドライブユニットには、ジャイアントがヤマハと共同開発した、最大トルク80Nmという強力なアシスト力を持つ「SyncDrive Pro」を搭載。バッテリーはダウンチューブと一体化されていてすっきりしたルックス。ECOモードでの走行距離は約125km。

ディスプレイを廃してボタンだけが配置されたシンプルデザインのコントロールユニットも特徴で、ハンドルバーから手を動かすことなく操作できる。

【SPEC】
サイズ:40.5cm(S)、46.5cm(M)
重量:23.6kg(S)
フレーム:ALUXX SL-Grade Aluminum
コンポーネント:SHIMANO DEORE
変速方式:10段
タイヤ:27.5×2.6
パワーユニット:GIANT SYNCDRIVE PRO
充電時間:約3時間
走行距離:125km(ECOモード)

■GIANT https://www.giant.co.jp/giant20/bike_datail.php?p_id=00000069

 

試乗してアシストの癖を見極めよう。

電池技術の発達で100km以上のロングツーリングが可能になったことで、がぜん日本での注目度もあがっているe-BIKE。これまで選択肢の少なかったe-MTBのラインナップも増えてきて、今回紹介した8モデル以外にもいろいろなモデルが登場している。

e-BIKEは搭載しているドライブユニットによって、アシストのクセが違うので、実際に試乗してみて自分に合ったフィーリングの自転車を選ぶのがおすすめだ。

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout