天然木材と厳選素材が織りなす、好ルックスな上質ローチェア2選。

キャンプに欠かすことのできない椅子。なかでも焚き火をより近い距離感で楽しめるローチェアは千差万別で悩ましいところ。そこで新たにリリースとなる要注目の2型をご紹介。

Table Of Contents : 目次

hobo × TRUCK

まずひとつ目は、お馴染み「hobo(ホーボー)」と「TRUCK FURNITURE(トラックファニチャー)」の5回目となる人気コラボ最新作。今回は生地をコーヒー染めしたキャンバス地に変更し、ヘッドレストとクッション付きにアップデート。

FOLDING CHAIR COTTON CANVAS COFFEE DYED ¥71500

ミリタリー由来のデザインで、自然なベージュカラーのコットンキャンバスは両ブランドが運営に関わるコーヒーショップの豆を再利用して染め上げた。ヘッドレストと取り外し可能なクッションが首元と腰をサポートする。

肘かけにはエイジングを楽しめるナラ無垢材を、ブラックのフレームにはマット加工を施したざらつきのあるアルミを使用。経年変化することで愛着が湧いてくるのも魅力。

両ブランドネームが刻印されたブラスプレートをフレーム背面下部に配置。

(問)ベンダー tel:03-6452-3072 coverchord.com

YOOL

2つ目は、座環境周辺のプロダクトを展開する「YOOL(ユール)」の代表作、ワイオーチェアに新色サンドカラーが登場。ギア好きにはたまらない上質でカッコいいローチェアで過ごす焚き火時間は最高のひと言に尽きる。

YOchair Sand ¥58300

アームと背面のベルトにはヌメ革、木材にはホワイトアッシュを使用。独自のテンションが体勢に合わせてフィットし、広めの座面でゆったりとした座り心地。チェアとクッションに加え、インドア用のヌメ革製脚カバーがセットに。

ノックダウン式のため、分解すれば付属の収納袋でコンパクトに収納可能。座面シートでフレームを包んで背面ベルトを使用して固定。組み立て時に必要な六角レンチは収納袋に専用ポケットがあり。

背面ベルトを調整することでシートのテンションを簡単に変更でき、カラダを包み込むような心地よさを味わえる。

パズルのように木を彫った日本建築の伝統技術、木組みでフレームを組み立てる構造で、横に通るポールは六角レンチで固定する。

(問)ナイスタイムマウンテンギャラリー tel:03-6809-0109 www.haveanicetime.jp

Tags
GO OUT編集部