注目の新鋭ブランド「xBx」から、まるでアートのようなゴージャスかつ機能的なテーブルが登場!

Shinya Miura

ゴージャスでアートのようなフォルムに便利な機能を満載した耐熱型ウッドテーブルを引っ提げ、関西発のキャンプ&ハウスギアブランド「xBx」が鮮烈にデビューする。今までに無い遊びゴコロたっぷりのキャンプテーブルは見逃し厳禁だ。

Xross Wood Table ¥46800(一般販売予定価格)

xBxは「excitement Beyond expectation(期待以上の興奮を!)」をコンセプトにした関西発のキャンプ&ハウスギアブランド。そして、ブランドローンチアイテムとしてリリースするのが“気持ちが高まる刺激的な体験”をテーマに考え抜かれたという、今までにない存在感抜群のテーブル「Xross Wood Table(クロスウッドテーブル)」だ。

クロスウッドテーブルの最大の特徴は、円形テーブルの天板面4カ所 に埋め込まれたアラベスク調デザインのアイアンプレート。まるでアートのような装飾は、ルアーフィッシングをこよなく愛するクリエイターが海と魚をモチーフに、世界的な建築美術で使われるアラベスク文様を基調にした独創的なデザインに落とし込んだものだ。

このアイアンプレートが天板にあることで、アツアツの鍋やフライパンをのせてもOKな耐熱仕様になっているだけでなく、夜には照明が当たると陰影ができ、華やかでゴージャスなテーブルへと変身する。

そして、4 つのアイアンプレートのうち 2 つは 3 本の脚を取り付けることで、テーブルに高さを出すことが可能。まるでトルコのアラベスクケーキスタンドのような立体構造に早変わりして、料理を演出することができる。

脚をつけることで、単独でアイアンミニテーブルとして焚き火やストーブ周りで使うことも可能で、10インチの大型 ダッチオーブンを載せても問題ないという。

このスタンドはオプションとして別売りもされているので、さらにスタンドを2つ追加することで、テーブルの下に棚を追加して、より機能的に使うこともできる。

また、もう2枚のアイアンプレートもいつでも取り外しが可能で、調理中に鍋敷きとしたり、アートとして自宅の壁に飾ったりと、アイデア次第で使い方も広がる。

テーブルの大きさは、ファミリーや多人数のグループキャンプにも対応する直径 75cm。重さはウッド部分が 9.8kg で、アイアン部分が 3.6kg。組み立て式なので、市販の大型バッグで持ち運びが可能だ。

「クロスウッドテーブル」はインテリアとして使うことも想定してデザインされているので、自宅ではバッグにしまっておくのではなく、家具として使うのもおすすめだ。テーブルとしてはもちろん、天板を2つに分けて自前でスタンドを用意すれば、ハーフムーン形状の棚としてもつかうことができる。

この「クロスウッドテーブル」は、 2022年8月4日から応援購入サイト「MAKUAKE」(※リンク先のページは8月4日公開予定)にて先行発売となる。


(問)xBx www.xbx1974.com

Photo/xBx

Tags
Shinya Miura

オススメアイテム