安くても実力派!! 目利きたちが太鼓判を押す“とっておき”10選。

GO OUT編集部

安いからといって、それなりのモノとは限らないってことは、みなさんよくご存知のとおりかと思います。価格にとらわれずに、モノの良し悪しをジブンの感覚からジャッジできる達人たちに、ホントに買って良かった、価値あるお墨付きアイテムを教えてもらいました!! 

Table Of Contents : 目次

01. mont-bellのサワーシューズ

日本古来のワラジや足袋の機能性と、独自のギミックを融合した「モンベル」の沢登り用シューズ。アウトソールには耐久性に優れるポリプロピレン製フェルトを使用。「これを履いて釣り登ってるのか、ただのトレッキングになってるのか(笑)」。 購入価格 6825円 

菊地晶太/カメラマン
菊地晶太/カメラマン

アウトドアギアを駆使し、あらゆるフィールド撮影に対応する本誌の名物カメラマン。ゆるくマイペースに楽しんでいた釣りに、テンカラブームが到来の様子。「夏は諏訪でテンカラ釣りを満喫したい!!」。

02. Zebrangの真空二重マグコーヒーメーカー

「ハリオ」のアウトドア向けラインから発売された、フレンチプレスタイプのマグコーヒーメーカー。 「メッシュが細かいから、コーヒーの粉が漏れ出す心配がない。さらに、フタを裏返して置くと、フィルター置きになるところもグッド」。 購入価格 3300円

アクタガワタカトシ/クリエイティブディレクター
アクタガワタカトシ/クリエイティブディレクター

本誌連載など様々なクリエイティブ制作に関わる。アウトドア向けバッグブランドCWFでは企画とデザインを担当。「去年は夏山を登らなかったので今年は登りたい。いまさらだけどSUPが楽しい!!」。

03. BIG SKYのインシュライトバッグ 

中綿にプリマロフト、表面生地にはアルミニウムフィルムを使用した超軽量の保温保冷バッグ。「絶妙なサイズとチープなルックスがお気に入り。普段の買い物で活躍中だけど、主に入れるのは、ビールとチーズともつ焼き(笑)」。 購入価格 (大)1980円(小)1760円 

勝俣貴生/vic2ディレクター
勝俣貴生/vic2ディレクター

昨年末にリニューアルオープンした吉祥寺のショップ、ビックツーのディレクター。「夏キャンプやサイクリングの即戦力として活躍してくれる、ユニークなギアや機能的なウエアが揃っています」。

04. LEGOの多肉植物

「LEGO(レゴ)」のボタニカルコレクションからリリースされる、オトナも楽しめるブロック。「子どもに植物に興味を持って欲しくて購入したけど、単品植えや寄せ植えなど、いろいろアレンジが楽しめるから、気づけばジブンが夢中に(笑)」。 購入価格 6280円

NICO/MOUNTAINEERAPATMENTオーナー
NICO/MOUNTAINEERAPATMENTオーナー

外遊び好きが集まる居住空間をイメージした、ライフスタイルジェネラルストアのディレクター。「最近、キッズウエアの取り扱いもスタートしました。

05. TEONのタンブラー

アウトドアを軸としたライフスタイルを提案するブランド「LOG(ログ)」の真空断熱のタンブラー。「表面に波のような凹凸ある有機的なデザインが魅力。おかげでキャンプだけでなく自宅の食卓にも違和感なく馴染んでくれます」。 購入価格 2970円 

須山友之/TARPtoTARPオーナー
須山友之/TARPtoTARPオーナー

キャンパーが集うカフェ&ショップ、タープトゥタープを運営する傍ら、ブランドやメーカーの商品開発にも携わる。「夏山の登山と、カヤックでしか行けない場所のキャンプにトライしたいです」。

12 >
Tags
GO OUT編集部