扇風機の実力派メーカーから、アウトドアで活躍必至の多機能サーキュレーターが到着。

Minoru Akiba

昨年、とある扇風機が家電界でヒットを記録した。手がけたのは実力派の家電メーカー「シロカ」で、音声操作ができるなど機能性が高く評価された。このたび開発されたアウトドア対応モデルも、死角が見当たらない出来となっている。

Table Of Contents : 目次

扇風機としての出来の良さ。

ANDON FAN ¥14800

家庭用の扇風機が高い評価を得ているシロカが、満を持して発表した充電式のアウトドア対応モデル。忖度のない批評メディアで絶賛された家庭用モデルの品質を継承しつつ、アウトドアでの使い勝手が考え抜かれている。カラーは写真のダークグリーンとサンドベージュの2色展開。

操作は本体にあるスイッチの他、カラビナ付きのリモコンでも可能。羽根とガード、モーターのつくりは一般的なサーキュレーターとは一線を画し、「ふわビューン技術」というシロカ独自のテクノロジー(特許出願中)が盛り込まれている。

それにより柔らかな風とパワフルな風を1台で使い分けることができ、また静音性も高い。

アウトドアでの使い勝手を追求。

アタッチメントは「パイプユニット」と「クリップユニット」の2つが付属し、写真はバイプユニットで自立させた状態。このスマートな佇まいながら、なんと自動首振り運転が可能となっている。首振り用のモーターを本体に内蔵する「ANDON(アンドン)構造」が可能にしたそうだ。

「クリップユニット」を取り付けることで、車中泊時の設置も簡単。テント内ならポールに取り付けることができるので、就寝中の暑さ対策にも役立ちそうだ。自宅でもデスクや枕元などで活躍することだろう。

内蔵バッテリーは8000mAhと大容量。スマホ等の充電も可能で、アウトドアで助かる仕様だ。またアウトドアでは雨や土埃が付き物だが、その点も抜かりなく防じん防滴性能はIP44。多少の雨や水しぶきなら問題にならない。

【SPEC】
本体サイズ:約W22×D22×H20cm
重量:800g
首振り左右:75°(自動)※停止すると自動で正面に戻る
風量:6段階
使用電池:リチウムイオン電池(8000mAh)
連続使用時間:約30時間(風量1、首振りなし)
充電時間:約4.5時間

発売は2022年5月7日(土)。ただいまシロカ公式ストア楽天市場店で予約受付中だ。


(問)シロカ tel:0570-001-469 https://www.siroca.co.jp

Tags
Minoru Akiba

オススメアイテム