モンベルの人気焚き火台にソロキャンプに◎な小型モデルが追加。

GO OUT編集部

国産アウトドアブランドの雄mont-bell(モンベル)といえば、ハイスペックながら手頃なウエアはもちろん、同じく高コスパなキャンプギアも人気。中でも2020年に登場した軽量コンパクトな焚き火台「フォールディング ファイヤーピット」は、もはや定番といえるほどの人気となっているが、今季はソロキャンプにも最適な小型サイズがラインナップ!

フォールディング ファイヤーピット S ¥17600

フォールディングファイヤーピットは、二次燃焼式となっているため燃焼効率が高く、火力が安定していて煙が少ないうえ、折り畳めば厚さわずか5cmになって持ち運びも楽々なステンレス製の高機能焚き火台だが、今作のSサイズではさらなるコンパクト化に成功している。

従来モデルでは重量約4.1、大きさ約横42×厚さ5×高さ30cmだったのに対し、今回のSサイズは重量約2.88kg、大きさ約横34.5×厚さ5×高さ24.5cmと、一回り小さくなりますます持ち運びや収納が容易になっている。

また、1kg以上も軽量化されているにも関わらず、耐荷重は約20kgで従来モデルとほとんど変わらないタフさを備えており、別売りのクッカースタンド S(¥1980)と組み合わせれば、ダッチオーブン料理にも対応可能だ。他にもグリル (¥2200)や、ロストル(¥2420)も揃えることで、従来モデルと変わらず、幅広い料理ができる。

機能や耐久性はそのままに、より気軽に使いやすいサイズとなった新サイズモデル。アウトドアシーズンの本格的な幕開けを前に要チェックな逸品だ。


(問)モンベル・カスタマー・サービス tel:06-6536-5740 www.montbell.jp

Tags
GO OUT編集部