モンベル初の焚き火台が登場! 厚さ5cmに折り畳める、二次燃焼モデル。

この春、mont-bell(モンベル)がブランド初となる焚き火台を発売。一見、普通の箱型の焚き火台に見えて、実はこだわりがつまった焚き火台なのだ。

mont-bell「フォールディング ファイヤーピット」¥18590

モンベル初の焚き火台「フォールディング ファイヤーピット」は、幅42×奥行き22×高さ30cmの箱型タイプで、一番の特徴は、長辺のサイドパネルが2重構造になっていることで、二次燃焼を起こすこと。

サイドパネルの下側からパネル内部へと入った空気が、パネル内部を抜ける間に暖められ、パネル上部の穴から抜けると、焚き火台本体で燃えている火に当たって二次燃焼が起こる。二次燃焼により燃焼効率がとても良くなるので、煙が出にくく、燃え残りも少ない焚き火台になっている。

二次燃焼タイプの焚き火台は、筒状のウッドストーブが多くて、コンパクトに持ち運べるものは少ないが、この「フォールディング ファイヤーピット」は折りたたむことで厚みはわずか5cmになるので、持ち運びも楽だ。

mont-bell「フォールディング ファイヤーピット クッカースタンド」¥2420

焼き網が付属するのでBBQを楽しむこともでき、さらに、別売りのクッカースタンドを載せることで、ダッチオーブンなど重い調理器具を載せることも可能で、しっかり焚き火調理も楽しめる。発売は3月頃の予定となっている。

モンベルといえば、春まで使える良コスパウエアを厳選したこちらの記事もお見逃しなく。


(問)モンベル・カスタマー・サービス tel:06-6536-5740 https://www.montbell.jp/

 

Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout