ガーミンの新作GPSウォッチが豊作! 進化したフラッグシップに、日本初上陸モデルも!

Shinya Miura

アメリカ発のGPS機器のパイオニアGarmin(ガーミン)から新作が続々到着。進化したフラッグシップモデル「fēnix(フェニックス)」シリーズと、日本初上陸のプレミアムアクティブスマートウォッチに注目だ。

Table Of Contents : 目次

進化したフラッグシップモデル「fēnix 7」シリーズ。

Garmin「fēnix7X」シリーズ ¥137500~170500

ガーミンのフラッグシップモデル「フェニックス」シリーズは、アメリカ国防総省のミルスペックに準拠した耐熱・耐衝撃・防水性能を備えたタフな設計と、ビジネスにもスポーツにもフィットする洗練されたデザインが特徴のマルチスポーツGPSウォッチ。

2022年1月20日に発売となる新モデルの「fēnix 7 (フェニックスセブン)」では、新たにオン/オフ切り替え可能なタッチスクリーンを採用。従来のボタン操作に加えてタッチ操作もできることで操作性が向上したのが大きな特徴となっている。

また、耐久性と軽量性に優れたDLCコーティングチタンでラグ全面をメタル化。ボタンにもメタルガードを装備して、あらゆるシーンに対応するよりタフさと洗練されたデザイン性を兼ね備えたボディに進化している。

Garmin「fēnix 7」シリーズ ¥93500~154000

フェニックスセブンシリーズは、1.4インチディスプレイにLEDフラッシュライトを搭載したアウトドアアクティビティ向けの「fēnix7X」(4モデル)、ビジネス使いにおすすめの1.3インチディスプレイの「fēnix7」(5モデル)、1.2インチディスプレイを採用した小型モデル「fēnix7S」(4モデル)を展開。

Garmin「fēnix 7S」シリーズ ¥93500~121000

それぞれに優れた耐久性のパワーサファイアガラスを搭載し、ソーラー充電機能を備えたサファイア デュアルパワーモデルもラインナップ。太陽電池面積を増やし、より高性能な導電性素材を使用することで、6シリーズに比べ約2倍の延長稼働時間を実現している。

 

プレミアムアクティブスマートウォッチ「epix」が日本初上陸。

さらに、ゴルフをはじめとした30種類以上のスポーツに対応しているプレミアムアクティブスマートウォッチ「epix (エピックス)」が日本初上陸。


Garmin「epix(Steel / Graphite)」 ¥121000

色鮮やかなアクティブマトリックス式有機ELディスプレイを採用していて、直射日光下でも色鮮やかな表示で優れた視認性を発揮。また、操作がボタンとタッチスクリーンの両方で行えるので、汗ばんだり雨が降ったりするようなシーンでは、ボタンでの正確な操作が可能になっている。

ゴルフ場の登録は日本国内を含む全世界42,000以上のゴルフコースが登録されているので、ゴルフ好きには特に嬉しい一本だ。もちろんメール・電話通知、Suicaなどのスマートウォッチ機能や、血中酸素トラッキング、睡眠モニタリングなどの健康管理に役立つ機能も豊富に搭載している。

Garmin「epix(Sapphire Carbon Gray DLC Ti / Black)」 ¥132000

ビジネスシーンにもフィットするシックなデザインとカラーリングの2カラーのラインナップで、2022年1月20日(木)に発売となる。


(問)ガーミンジャパン tel:0570-049530 www.garmin.co.jp/

 

Tags
Shinya Miura

オススメアイテム