スイス発、老舗テントブランド「スパッツ」のアイコン的モデルが日本初上陸。 

GO OUT編集部

赤いタスペトリー型のブランドロゴが特徴の1935年にスイスで誕生した老舗テントブランド「SPATZ(スパッツ)」。 今年の春にファニチャーラインが日本で初ローンチとなり、コットンキャンバス×ブナ材のチェアをご紹介しましたが、ブランドの代表作ともいえるテントがいよいよ日本に初上陸となります。

アウトドアの聖地とされるスイスで80年以上にわたってアウトドアマンから愛され、テントは親子3世代にわたり愛用されるほどのクオリティの高さが評価されている。日本でも通気性に優れたコットン100%とポリコットンのテントを展開予定とのことで、発売が待ち遠しい。

グループ・スパッツ8 ¥242000

スパッツのアイコン的モデルで最も人 気のテント。軽量で通気性に優れた薄手のコットン100%生地を採用し、広々としたスペースでテント内は快適。シンプルで頑丈な構造なので長く愛用でき るのも魅力。こちらの8人用モデルのほかに、6人用と10人用の3種をラインナップ。 

ストーク4 BTC ¥148500

軽量で通気性に優れたポリコットン素材を採用した、ファミリー向けの3ポールトンネルテント。アウターテントとグランドシートが一体化しているので素早い設営が可能で、インナーテントは天井頂点部が190cmと高く、前室の2つのラージサイドウインドウで十分な採光を確保する。

Photo/Shouta Kikuchi


(問)バーリオ tel:075-354-6604 www.barriojapan.com

 

Tags
GO OUT編集部