MAAGZの焚き火台「ラプカ」が進化! 薪ストーブにも変身できるカスタムキットが登場!

Shinya Miura

東京・八王子を拠点に活動するキャンプ好きクリエイターたちが立ち上げた新鋭アウトドアブランドMAAGZ(マーグズ)。2019年にクラウドファンディングで発表された焚き火台「RAPCA(ラプカ)」は、美しい逆台形デザインと画期的ゴトクシステムなどの機能性で一躍話題となり、現在でもブランドの看板商品となっている。

そんなラプカがさらに進化!ストーブへとトランスフォームできるカスタムキットが登場した。

MAAGZ「RAPCA STOVE」¥69800(一般発売予定価格)

「RAPCA STOVE(ラプカ ストーブ)」は、焚き火台ラプカ本体と、ラプカをストーブや二次燃焼焚き火台に変身させるためのカスタムキットのセット。キットの組み合わせ方によって、焚き火台、二次燃焼ファイヤーピット、薪ストーブの3WAYで使うことができるのが特徴だ。

ラプカ ストーブのパーツのうち、4面の側壁と、鉄製ロストルを焚き火台に取り付けることで二次燃焼ファイヤーピットにトランスフォーム。二重構造の側壁内で暖められた空気を煙に吹き付けて二次燃焼させることで、迫力の燃焼を楽しむことができる。

さらに、二次燃焼ファイヤーピットの状態から天板と煙突を取り付けることで、薪ストーブに変身。側面の窓には耐熱ガラスが使われているので、火を眺めたり、薪の残量を確認したりできる。

逆台形型で天板部が広いため複数のクッカーを使用した同時調理も可能だ。

まったり炎を眺めたいときにはそのまま焚き火台として、迫力のある炎で盛り上がりたい時は二次燃焼ファイヤーピット、暖を取るなら薪ストーブと、シーンに合わせて一台三役で使うことができる唯一無二な焚き火台に進化している。

ラプカ ストーブは、2021年1月3日(月)までクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行販売中。ラプカ本体は付属しないカスタムパーツ一式も用意されている。

【SPEC】
サイズ:W553×H395×D368mm
重量:ストーブ時…12.7kg/二次燃焼FP時…9kg
材質:ステンレス、スチール
付属品:RAPCA一式、ストーブカスタムパーツ一式、収納袋


(問)フロントビジョン store.maagz.jp/

Tags
Shinya Miura

オススメアイテム