わずか117gのポケットサイズ。話題の4Kカメラ「DJI Pocket 2」は、外遊びでも活躍必至!

3軸スタビライザーを搭載したDJIの小型カメラが進化。ニューモデル「DJI Pocket 2」は、わずか117gでポケットにも入る小さなボディに、滑らかな映像が撮影できる手ブレ補正機能と、大きなセンサーサイズで広角レンズを備えた4Kカメラを搭載。いつどこでも気軽に使えるカメラは人気を集めそうだ。

前モデルに比べて画質が向上し、ズームも搭載。

「DJI Pocket 2」¥49500

「DJI Pocket 2」は、前モデルの「Osmo Pocket」と比較してサイズアップした1/1.7インチのイメージセンサーで画質が向上。写真撮影では高解像度モードだと6400万画素で撮影でき、動画撮影では最大動画解像度 4K/60fps の動画を100Mbpsで撮影可能。今回新たにHDR動画やスローモーション撮影にも対応した。

レンズは前モデルより広角の焦点距離 20 mm(35mm 判換算)、F1.8で、明るく画角の広いシネマティックな映像に。また、新たに最大8倍のズーム機能を搭載。被写体に近づくことなく、被写体をアップで撮影することができるようになった。

さらに、フォーカスシステムも進化して、位相差検出とコントラスト検出を組み合わせた「ハイブリッドAF 2.0」を採用している。

 

オーディオ性能も向上。

オーディオシステムも一から完全に再考したそうで、鮮明でクリアな音声録音が可能になっている。

新システム「DJI マトリックス ステレオ」は4つのマイクで構成されていて、カメラの向きに合わせて音声の収録方向を調整。カメラがズームインすると同時にその方向に録音領域を狭めていくことで、臨場感あふれるオーディオに。さらに、風ノイズ低減機能を使ってアウトドアでも鮮明な音声を録音できる。

 

モジュラー設計でいろいろな使い方に対応。

DJI Pocket 2 はモジュラー設計を採用しているので、アクセサリーを取り付けていろいろな使い方に対応できるのもポイント。

専用のスマートフォンアダプターを使えばスマートフォン用のスタビライザーとして使用可能。さらに、無線用アクセサリーを使えば、遠隔操作でカメラの制御もでき、撮影の幅が広がる。

 

「標準版」と「クリエイターコンボ」の2パターン。

「DJI Pocket 2 Creator コンボ」64900

ミニ操作スティック、三脚マウント(1/4 インチねじ穴)が付属した「標準版」(¥49500)と、ミニ操作スティック、三脚マウント(1/4 インチねじ穴)、広角レンズ、ワイヤレスマイク(ウィンドスクリーン付属)、Do-It-All ハンドル、マイクロ三脚アクセサリーがセットになった「クリエイターコンボ」(¥64900)が用意されている。

また、DJIといえば新型の4Kカメラ搭載小型ドローン「DJI mini2」も要チェック!


(問)DJI JAPAN https://www.dji.com/jp

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout