ロゴス往年の名作テントが復刻。90年代風の佇まいがソソる、レトロなコテージ型。

90年代にアウトドア界で人気を集めたコテージ型テントを、このたびLOGOS(ロゴス)がリバイバル。ロゴスのプレミアムラインに属する、人気のグランベーシックシリーズから「リバイバルコテージ L-BJ」をリリースした。

広々とした快適な居住性。

グランベーシック リバイバルコテージ L-BJ ¥99000

コテージ型はドーム型やトンネル型に比べ、壁面が垂直に近い。そのため端の方にデッドスペースができにくく、広々とした居住性が魅力だ。当製品は3m弱の幅に4mの奥行き、そして2m以上の高さを持つが、そんな広大なスペースを無駄なく活用できる。

90年代に一世を風靡したレトロな佇まいも、新鮮でお洒落だ。

 

通気性のいい2ルーム構造に。

インナーテントが付属し、設置すればいわゆる2ルームテントの構造となる(設置せずにフルスクリーンタープとしても使用可能)。

コテージ型には大きな窓を設置できるという利点もあり、フライシートもインナーテントも、全方位に大サイズのメッシュ窓を装備。通気性のいい、快適空間が実現される。

 

自由度の高いキャノピー。

付属品には、キャノピーを跳ね上げるポールも。キャノピーは側面全体を跳ね上げることも、半分だけ跳ね上げることもできるので、人数や状況に応じて、自由自在にアレンジ可能だ。フライシートの素材が難燃性だったり、メッシュがUVカット使用だったりと、さり気ない高クオリティも嬉しい。

コテージ型テントは居住性に優れ、長期滞在にうってつけ。ファミリーなど複数人数で連泊キャンプを行う場合、気持ちよく過ごせる拠点となる。

  • 【SPEC】
  • 総重量:約24.0kg
  • サイズ:約W290×D400×H208cm
  • インナーサイズ:約W270×D210×H192cm
  • 収納サイズ:約W75×D36×H36cm
  • フレーム素材:スチール
  • フライシート素材:難燃性ポリオックス(耐水圧3000mm、UV-CUT加工、耐久性超撥水加工)
  • インナーシート素材:ポリタフタ(ブリーザブル撥水加工)
  • フロアシート素材:ヘビーポリオックス(耐水圧5000mm)
  • メッシュ素材:デビルブロックEX(インナー除く)

(問)ロゴス https://www.logos.ne.jp/products/info/4500

 

  • ロゴス往年の名作テントが復刻。90年代風の佇まいがソソる、レトロなコテージ型。
  • ロゴス往年の名作テントが復刻。90年代風の佇まいがソソる、レトロなコテージ型。
  • ロゴス往年の名作テントが復刻。90年代風の佇まいがソソる、レトロなコテージ型。
  • ロゴス往年の名作テントが復刻。90年代風の佇まいがソソる、レトロなコテージ型。
Tags

オススメアイテム

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout