レトロな外観がソソるogawaの名作ロッジ型テントが、TC素材をまとって一新!

100年以上の歴史を持つ老舗アウトドアブランド「ogawa(オガワ)」。1980年代に発売され、おしゃれな外観で人気となったオガワの代表作ともいえるロッジ型テント「オーナーロッジ タイプ52R」がリファイン。最新素材で快適性を高めて生まれ変わった。

ogawa「オーナーロッジ タイプ52R」¥93500

 

レトロなデザインが魅力。

オーナーロッジ最大の魅力といえば、レトロな外観。フロントの格子状の窓枠や両開きのドアパネルなど、ヨーロッパのヴィンテージテントのような外見はキャンプ場で目立つこと間違いなし。そんなアンティークな外観と、高温多湿な日本の環境に対応する作りを両立したのが、生まれ変わった「オーナーロッジ タイプ52R」だ。

 

実は設営も簡単。

オーナーロッジタイプ52Rは、太いスチールポールを組み合わせた「鉄骨」と呼ばれる骨組みを設営し、その上にポリエステル素材のフライシートを被せる形。ポール自体は重いものの、設営方法は比較的簡単なので一人で設営が可能で、風にも強いのが特徴。

また、インナーは吊り下げ式なので、雨でもインナーテントを濡らさずに設営や撤収ができるのはうれしいところだ。

 

インナーはTC素材。夏は涼しく、冬は暖かく使える。

4方向に大型のメッシュ付きの窓や扉を設置。インナーテントは通気性に優れたTC素材を採用しているので、夏場でも窓を開ければ風通しが良く、熱がこもりにくい作りになっている。また、窓やドアは全てフルクローズすることができるので、冬場は暖かく使用できる。

壁がほぼ垂直に立ち上がっているので室内全体を有効利用でき居住性が高く、テント内で5人が就寝可能で、ファミリーやグループキャンプに最適なテントになっている。

発売は、2月上旬の予定。

【SPEC】
重量:16.9kg(フライ・インナーテント・ポール)+2.5kg(付属品)
素材:フライ…ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)/インナーテント…ポリエステル68d、T/C/グランドシート…ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)/フレーム…スチールφ22mm
収納サイズ:82×24×36cm
カラー:サンドベージュ×ダークブラウン
付属品:張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

 

また、オガワといえば、難燃素材の採用で焚き火時の使用にも◎なブランケット「Fireproof Blanket」もお見逃しなく。


(問)キャンパルジャパン tel:0800-800-7120 https://www.store-campal.co.jp/

 

  • レトロな外観がソソるogawaの名作ロッジ型テントが、TC素材をまとって一新!
  • レトロな外観がソソるogawaの名作ロッジ型テントが、TC素材をまとって一新!
  • レトロな外観がソソるogawaの名作ロッジ型テントが、TC素材をまとって一新!
Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル