キャンプ収納の定番「トランクカーゴ」は、なぜ人気?

キャンプの収納アイテムといえば、圧倒的に人気のあるトラスコのトランクカーゴ。ODカラーのボックスに見覚えのある人は多いはず!

それだけ使い勝手がいい証拠でもありますが、今回はその魅力とリアルキャンパーの使い方アレンジを合わせてご紹介します。

用途別に選べるサイズ展開。

プラスチック製で軽いながらも丈夫なトランクカーゴ。定番のODカラーは3つのサイズ展開があり、用途別に使い分けている人が多め。

小さいものは30L(W400×D390×H370mm)とランタンなどの火器類のほか、スピーカー、充電機器など細々したものを入れている人が多め。次に大きいのは50L(W600×D390×H370mm)。最大サイズは70L( W780×D390×H370mm)で、ソロキャンプの道具一式がすっぽり収まるほど。

このまま自宅に運ぶだけなので、片付けがラクなのもポイントが高いですよね。

 

対荷重100kg。イスにもテーブルにもなる!

どのサイズもなんと、対荷重100kg。重さのあるギアを詰め込んでもビクともしません。ボックスのスタッキングはもちろん、イスとして人が座っても問題なし!

そのため、サイドテーブル代わりに活用する人が多数。わざわざテーブルを購入する必要もなくなる上、積載のスリム化にも一役買ってくれます。

テーブルの近くに配置すれば、調理中や団欒中に何かと便利そう。

 

別注モデル多数!カラー展開が豊富!

トランクカーゴオリジナルだけでなくブランド別注が多く、好きなカラーが選べるのがキャンパーの心をくすぐるポイントのひとつ。

大人気のネイバーフッド別注モデルのブラックカラーのほか、ジャックアンドマリーのベージュカラー、ビームス別注のオレンジなどサイトの雰囲気に合わせてチョイス可能。

最近では岐阜のプラスチック総合メーカー「RISU(リス)」から、ナチュラルグレーも登場したそうなので、こちらの記事も要チェック!

 

収納だけじゃない。蓋が使える!

収納として運んできたボックスは、中身を出したら車にしまっておく、テントの隅に置いておく。なんて人がほとんどなはず。でもこのトランクカーゴは”蓋”まで活用できる方法があるんです!

まず、蓋裏の窪み部分に合わせて天板をつけるとテーブルや物置として活用可能。

蓋をひっくり返して本体に被せると、縁がジャストフィット。しかもいい具合の高さでストッパー代わりになってくれるので、荷物置きにはもってこい。

また、こちらもキャンパーから大人気のスノーピークのシェルフコンテナ。なんと、トランクカーゴの蓋がシンデレラフィットするとか!

蓋がないシェフルコンテナは、わざわざ天板を自作したりガレージブランドから購入する必要が。でも、手持ちのギア同士を使ったアレンジなら手軽に真似できそう。

 

ステッカーチューンでオリジナリティを出す。

絵柄のないシンプルなデザインのボックス。お気に入りのステッカーでアレンジする人も多数。

好きなアパレルブランドのステッカーや、アウトドアブランドのステッカーでチューンナップすれば、唯一無二の収納ボックスが完成します。

シンプルに1枚だけ貼るもよし、たくさん貼るもよし。自分好みにカスタムしてください。

 

雨にも強いプラスチックのコンテナ。シンプルな見た目は自宅の庭やガレージ、もちろん部屋に置いても様になります。

アレンジもできて頑丈かつ手頃な金額で手に入るトランクカーゴは、ひとつ持っていてソンはナシ!まだの人は今すぐゲットすべし!

 

Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル