ブルーブルーから、ヌクさが自慢のデニムシリーズがお目見え。ブランケットライクな裏地がミソ。

インディゴブルーを中心とした物作りを実践する「BLUE BLUE(ブルーブルー)」と「BLUE BLUE JAPAN(ブルーブルー ジャパン)」。

前者は2重織りのブランケットデニムを落とし込み、後者はタスラン糸で紡いだ天然素材調の濃紺ウェザーを採用。藍色の可能性を広げた2ブランドの新作モデルにフォーカスします。

Table Of Contents : 目次

ブランケットのように起毛した重厚な2枚仕立て。

ブルーブルーからは一見するとシンプルなデニムのようですが、裏側がブランケットのように起毛した2重織り素材。その裏面にはUSネイビーのブランケットをイメージしたボーダーパターンが施され、動くとその裏地がさり気なく顔を出すのが洒脱です。

NAVYボーダーブランケットデニム バルカマーンコート ¥49500

肩のラインが美しく出るよう、縫い目のない一枚袖のパターンを採用。内側に配置されたポケットは、前立てを留めた状態でもアクセスが可能に。ブランケット側をあえて表にした遊び心のある着こなしもおすすめ。

NAVYボーダーブランケットデニム カデットパーカ ¥36300

フードのファスナーを開くとセーラーカラーのようになり、裏地のブランケットが主張できる一枚。程よくゆとりのあるシルエットゆえ、ニットなどが重ね着できるのもポイント。

NAVYボーダーブランケットデニム イージートラウザーズ ¥28600

裾をロールアップすることで裏側が顔を出す、トラウザーズパターンを取り入れたナチュラルテーパードのデニムパンツ。ゴム仕様のウエストでイージーな穿き心地に。

リフレクタープリントと古典柄の意外な組み合わせ。

ブルーブルー ジャパンはマットな質感のタスランナイロンを新たに使用。伝統的な刺し子の柄をリフレクタープリントで表現しているのも特徴で、十字繋ぎのテキスタイルが光に反射して浮かび上がります。

リサイクルダウンベスト ¥74800

洋服や布団の羽毛を手作業でリサイクルした、混じり気の少ない保温性に優れたダウンを封入。アウターの上からでも着られるほどに大きめのサイズで、裾のドローコードを絞ればバルーンタイプのシルエットに。

ウォームアップパンツ ¥26400

無地とリフレクターとのコンビネーションが印象的。裾にあしらったファスナーでシルエットがアレンジでき、裏面に保温制電効果のあるニットを用いることで快適性を向上させています。

ブルーブルーは「HOLLYWOOD RANCH MARKET(ハリウッド ランチ マーケット)」、ブルーブルー ジャパンは「OKURA(オクラ)」にてそれぞれ展開。

インディゴブルーを独自に解釈して新しい価値観を与えた、藍色に対して造詣の深い両ブランドだからこそ完成したワードローブです。


(問)聖林公司オンラインストア www.hrm-eshop.com

Tags
Shohei Kuroda