キーン × エルネストの「世界遺産カモ」第2弾。 屋久島の大自然まとった冬の防水シューズ。

幾度となくコラボを展開してきた蜜月の関係ともいうべき「ELNEST CREATIVE ACTIVITY(エルネスト クリエイティブ アクティビティ)」と「KEEN(キーン)」から新たな共作シューズがリリース。

今回は“世界遺産カモシリーズ”と銘打った第二弾。キーンが誇る防水ウインターブーツ“フッドゼラ ウォータープルーフ”に、エルネストらしい屋久島からインスパイアされたカモフラージュ柄を落とし込みました。

HOODZERRA WP ¥18150

森林の“FOREST”と星・天の“ASTRA/ASTRO”を組み合わせた造語“FORESTRA”がテキスタイルのテーマ。花崗岩の巨石である多忠岳の天柱石、ヤクスギをはじめとする動植物を落とし込み、神秘の島・屋久島の成り立ちや自然の中にある宇宙観が表現されています。

ベースとなるシューズはアッパーに軽量性に優れたナイロンを搭載。甲をホールドして脱ぎ履きを容易にするストラップが施され、ヒール部には抜群のフィット感を実現するバンジーシューレースと面ファスナーを採用。コンフォートな履き心地を追求しています。

キーン独自の防水透湿素材“KEEN.DRY”によって雨の侵入を防ぎながら湿気を逃し、ヌバックレザーをつま先部と側部に配置することで耐久性がアップ。タウンユースのみならずアウトドアのフィールドにも対応します。

路面に密着しやすい柔軟なラバーがアウトソールに。低温だと硬化して滑りやすいという弱点をカバーした素材により、接地面積が増えてグリップ性を維持。耐摩耗性にも優れているほか、踏み跡を残さないノンマーキング仕様もポイントです。

手付かずの自然と機能的なフットウエアを繋ぎ合わせた唯一無二のスペシャルモデルに。「コラモデルを通じて屋久島の自然保護と発展に寄与して、後世にこの場所の美しさを伝えていきたい」と話すのはデザイナーの井浦 新氏。

自然を愛するアウトドアフリークなら誰もが共感するようなコンセプトを内包した一足です。


(問)キーン・ジャパン tel:03-6416-4808 www.keenfootwear.com/ja-jp/

Tags
Shohei Kuroda