デザインと機能が融合した極上アウター6選。この冬もGO OUT Onlineに多彩なモデルが登場【買えるGO OUT】

Shohei Kuroda

誰もが知る人気ブランドから次世代を担う気鋭のインポートまで、国内外から多彩な銘柄を一堂に揃えるGO OUT Online。常に各ブランドから新作が到着するフレッシュなラインナップをお届けしていますが、季節が冬へと移り変わる今はアウターが大充実。

防寒性だけでなくデザイン性も追求された、冬スタイルのメインになってくれるアイテムをご紹介します。

 

Table Of Contents : 目次

01. MANASTASH × AVIREXのMA-1。

MANASTASH×AVIREX FIELD Ma-1 ¥33000

ミリタリーウエアの世界的ブランド、アヴィレックスとのコラボでマナスタッシュがデザインしたのは、丸みを帯びたボリューミーなシルエット。見慣れたMA-1を個性的な一着へとアップデートさせました。アームの配色を切り替えた2トーンカラーもポイント。

MA-1ならではの無骨な雰囲気を残しつつも、ファッションピースの一つとして使える遊び心のあるアウターです。

 

02. ROARK × WILD THING のN-3B。

ROARK × Wild things – MONSTER N-3B ¥54450

ミリタリーのN-3Bをベースとしつつも、フロントポケットの形状や程よくルーズなシルエットでモンスターパーカーの要素をミックス。

アウトドアブランドを代表するワイルドシングスが製作を手掛けるだけあり、撥水性のあるマットな生地と上質なダウンを組み合わせた確かなクオリティ。フードにあしらったフェイクファーで顔まわりの保温性も約束します。

 

03. VARGのアノラックダウンジャケット。

Algon Down Anorak ¥52800

胸元にロゴデザインを施した北欧ブランドらしい無駄のないデザインで、細かくキルトステッチを施すことで羽毛の偏りを防いで保温性をキープ。超軽量でありながらも暖かく着られるのが魅力です。

また、各ブランドが力を入れている環境問題に配慮した素材使いもポイント。リサイクル素材のポリエステルとナイロンをシェルに落とし込み、トレーサビリティの審査を受けた国際認証基準のダウンを採用しています。

 

04. WILD THINGS × LANTIKIのフライトジャケット。

WILDTHINGS×LANTIKI PrimaLoft flight jacket ¥52800

神戸発祥のセレクトショップとして全国の服好きをも魅了する乱痴気。同店がワイルドシングスに別注したジャケットは、古着市場でも希少なカナディアンミリタリーのフライトジャケットがベースに。

マットな質感のナイロンを使用したうえ、裾はリブではなくフラット仕様にデザイン。素材とディテールのコンビネーションにより、MA-1を思わせるルックスでありながらも野暮ったさを解消。街に似合う都会的なミリタリーウエアに仕上げています。

 

05. PUNK DRUNKERSのハンティングジャケット。

PDSハンティングJKT ¥30580

ハンティングジャケットなのに釣りがモチーフとなった、ギャップのある刺繍デザインがユニーク。襟元にコーデュロイを配置したクラシックなデザインがベースなので、合わせるボトムを選ばずに着こなせるのも魅力。

タフなダック地を用いたボディは、着るほどに柔らかくなって身体に馴染んでくれます。

 

06. ALPHA INDUSTRIESのミリタリージャケット。

LV.7 COLD PRK JKT ¥29700

ミリタリーアウターの中で最高のスペックを誇るレベル7のジャケットを、街に使えるようカジュアル仕様にアレンジ。程よくルーズなシルエットはスッキリと着こなせ、表地にはポリエステルとコットンを混紡した落ち着いた印象を与えるブレンド素材を採用。
たっぷりと詰め込んだサーモライトの中綿が、冬のフィールドにも耐えるほどの保温性を発揮します。

 

今季はミリタリーとハンティングをベースとしたデザインが多く、どれも流行に左右されることなく着続けられるのが魅力。それでいてブランド毎の個性が内包されているため、他の人とは違った着こなしを演出してくれます。

ここでご紹介しているアイテムはほんの一部。GO OUT Onlineをクリックして、お手持ちのアイテムとの相性を考えながらお気に入りの一着を見つけてください!!

Photo/Sosuke Shimizu

Tags
Shohei Kuroda

オススメアイテム