古き良きミリタリーウエアを現代的に。素材とディテールで魅せる、ミーンズワイル流フライトジャケット。

過剰な機能美をデザインの一つと捉え、都市とフィールドの境界を飛び越えるコレクションを展開する「meanswhile(ミーンズワイル)」。防シワ性・撥水性・保温性という三拍子揃った同ブランドらしいフライトジャケットが登場しました。

Beaufort Flight Padding JKT ¥132000

その3つの機能を集約した高密度メモリーピーチ素材を採用したのがこちら。ボリュームのあるビッグシルエットで、中綿にシンサレート、裏地に蓄熱素材のユニチカ・サーモトロンを採用。薄手かつ軽量でありながらも高い機能性を発揮してくれます。

カラーリングはブラックとネイビーの2色がラインナップ。ショールカラーのような襟元にはフードを内蔵。細かなディテールにもミーズンワイルのこだわりが感じられます。

Folding Field Parka ¥88000

フライトジャケットと同素材のM-65タイプのコートもリリース。腰部に設けた2重構造のポケット、素早い脱着を可能にするフロントのスナップボタンなど、昔ながらのミリタリーウエアをモダンに解釈。ウエストのドローコードを引き、たくし上げることで着丈の調整が可能に。

シンサレートの中綿入りライナーは取り外しでき、単体で着用することもできます。

Memory Peach Wrap PT ¥30800

ジャケットと共地を用いたラップパンツも注目。フック付きのバックルで着用するタイパンツのディテールを採用することで、体型を選ばずに快適なフィット感を約束。脇にDカンが配置されています。

デザインソースとなった古き良きワードローブを、素材やディテールの妙で今的にアップデート。過去と現在が交錯する画期的なアイテムは、街ではもちろんアウトドアのフィールドでも快適性が実感できます。


(問)ミーンズワイル info@meanswhile.net store.meanswhile.net

Tags
Shohei Kuroda