日本発のブランドrigから冬用リカバリーサンダルが登場! 冬キャンプでも活躍の予感。

クライミングやトレイルランニング、登山などのあと、疲労の回復のために履く高機能なリカバリーサンダル。海外発のブランドがほとんどのなか、日本人の足を研究し、4年の開発期間を経て誕生した日本発のリカバリーサンダルブランドが「rig FOOTWEAR(リグ フットウェア)」だ。そんなリグ フットウェアからブランドが誇る最新スペックを惜しみなく搭載した冬用リカバーサンダルが登場した。

Doob ¥18480

リグ フットウェアの「doob(ドゥーブ)」は、リカバリーサンダルとしては珍しい“冬用”のアイテム。一日中ブーツを履いているスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツのために開発されたリカバリーサンダルだ。

撥水加工を施した化繊ダウンのアウターと、保温性の高いインナー生地を採用していて、冷えた足元を温めて血行を促進。また、靴底からつま先部分で高さ5.5cm、かかと部分で高さ7.5cmまでは完全防水仕様になっているので、軽く雪が積もっている駐車場などでも、足元を濡らすことなく脱ぎ履きできる。

カラーは、ブラック、グレイ、コヨーテの3色展開。脱ぎ履きが簡単なので、ウィンターシーズンのキャンプシューズとしても重宝しそうだ。

2022年11 月上旬発売予定で、現在、オフィシャルオンランストアにて予約受け付け中となっている。

疲れを忘れさせるサンダルの冬用モデルは、キャンプでもよりリラックスできる環境を作り出せるだろう。


(問)メスタ tel:042-519-4944 rigfootwear.com

Tags
Shinya Miura