W.M.B.Cの新作パーカが登場。4つのアウトドアシーンを表現したポップなイラストをオン!

Shohei Kuroda

キャンプシーンに向けたホワイトマウンテニアリングが展開する別ライン「W.M.B.C.(ダブルエムビーシー)」。ユーティリティあふれるギアだけでなく、遊び心を盛り込んだワードローブも注目を集めています。

中でも2022年の秋冬に届いた新作モデルのパーカは、デザイナーの相澤陽介氏によるユーモアセンスにあふれたメッセージをプリント。キャンプシーンはもちろん、普段使いにも溶け込んでくれます。

“TIPI” HOODIE ¥15400

ティピ型テントをモチーフとしたイラストがフロントに。背面には「寒くてもティピに入ると朝までいたくなる」というメッセージが施されています。

“STEAK” HOODIE ¥15400

こちらは肉モチーフのイラストとともに、「Tボーンステーキを焼くときは大胆に」というフレーズを採用。

“FISHING” HOODIE ¥15400

「魚を捕まえたら塩焼きにしようか? レモンを絞ったりして」とのメッセージに加え、フロントと両アームにもグラフィックをプリント。

“POLAR BEAR” HOODIE ¥15400

雪山を登るために身支度する熊をイラストに。「熊だってバックカントリーの装備は怠らない!」というメッセージが添えられています。

「テントで過ごす時間」、「料理」、「釣り」、「ハイキング」という4つのアウトドアシーンを表現したパーカに。メッセージを具体化したイラストとの相乗効果によって、袖を通した瞬間から外遊びのキブンを高めてくれます。

また、同デザインを落とし込んだTシャツもラインナップ。秋まで待ちきれないという方はぜひチェックを。


(問)White Mountaineering tel:03-6416-5381 www.whitemountaineering.com

Tags
Shohei Kuroda

オススメアイテム