ブルックスの名作ランシューがシリーズ化。特性の違う3モデルから、ランタイプに合わせて選択可能!

Masahiro Kosaka

ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」が、ブランド史上もっともソフトなクッションシューズ「Glycerin 20」を発表。定番モデルとして長く愛されるモデルですが、今回はそのクッション性がさらなる進化を遂げているようです。

グリセリン 20 ¥18150

ミッドソールのクッション素材に窒素を注入し、臨界発泡させた素材「DNALOFTv3」を搭載した本作は、ブルックスのシューズのなかでも随一の履き心地を誇るクッションシューズ。底面のラグパターンの設計も変更したことで、よりスムーズな走りが可能になるそうです。

また、本作より、シリーズ展開もスタート。ノーマルタイプの「Glycerin20」を含め、3つの異なる特徴をそなえたモデルが揃い踏みです!

グリセリン GTS 20 ¥18150

「GlycerinGTS20」は、ブルックス独自のサポート機能であるガイドレール®テクノロジーを搭載したモデル。過剰な動きを抑制しながら、腰、膝、関節それぞれを自然な動きへと導きます。

グリセリン ステルスフィット 20 ¥18150

「GlycerinStealthfit20」は、新しくなったステルスフィット構造を採用することで、適度なコンプレッションとストレッチ性で足にあわせてぴったりフィットします。

自分のランにしっかり向き合う機会を改めて与えてくれそうな3モデルは、7月26日(火)より公式オンラインショップと全国のスポーツ用品店にて発売開始。


(問)アキレスお客様相談室 tel:0120‐89‐4192 www.brooksrunning.co.jp/

Tags
Masahiro Kosaka

オススメアイテム