梅雨の相棒にもってこい! デザイン性に富んだウールリッチのレインウエア5選。

Masahiro Kosaka

外遊びの天敵でもある「梅雨」には、しかるべく準備をして挑みたいところです。たとえばウエアひとつ替えるだけでも、フィールドでも街でもグッと快適に過ごせるなんてことは、みなさん重々承知だと思いますが。

そこでアメリカ最古のアウトドアブランド「WOOLRICH(ウールリッチ)」から、梅雨時期に活躍しそうな撥水ウエアをピックアップしてお届けします!

FIELD JACKET ¥52800

まずは軽量な「フィールドジャケット」。耐風性と撥水性に優れたナイロンシェルは、シボ感とシャリ感のある独特なタッチが魅力です。クラシカルなカッティングのモダンなアレンジにも注目。

HIGH TECH MOUNTAIN GTX JACKET ¥75900

こちらは、ウールリッチの定番品を軽量化したジャケット。ゴアテックスの高い透湿・防水性、防風性を併せ持つ1着です。ゆったりとしたフード、ウェスト部分にはドローコードが備わり、動きに快適性を保ちます。環境汚染の原因となるPFC(過フッ素化合物類)フリーで、サステナブルもさりげなく実現。

SHADOWBARK JACKET2.0 ¥28600

お次は、ソフトタッチなタスロンナイロンを採用したカモフラージュプリントジャケット。1987 年に開発したハンティング用「SHADOWBARK」は、白樺の木をモチーフにしたオリジナルカモフラージュです。ピポットスリーブパターンとベンチレーションで運動量もしっかり確保。

SHADOWBARK SHORT ¥12100

セットアップで着られるショーツも展開。総裏メッシュ仕様でムレ知らず。ポケット袋布にも水抜き可能なメッシュ地を採用しています。

HIGH AERATION HOODIE 3.0 ¥25300

最後は、PERTEX EQILIBRIUMを採用したジップアップフーディー。ポリウレタンを使用しないメカニカルストレッチ構造を有した軽量糸は、60%が植物由来のバイオナイロンで、二重織り組織にすることで高い通気性とさわり心地を実現しながら、裏面は肌との接触面積を減らす構造に。後ろ見頃にはリフレクタープリントのロゴがあしらわれる。

長い長い雨の時期に対抗するには、ウエア選びが大きなカギを握ります。それってネガティブなことじゃなく、むしろ外遊び好きの腕の見せ所、なんて楽しめちゃいそうな気もしませんか?


(問)ウールリッチ www.woolrich.jp /

Tags
Masahiro Kosaka

オススメアイテム