アイヴァンの人気シリーズから、“日本の黒”をまとった限定モデルが登場。

Shohei Kuroda

まるでファッションの一部のようにアイウエアを楽しんで欲しいと、“着る眼鏡”をコンセプトに持つ「EYEVAN(アイヴァン)」。昨年12月に立ち上げて以来、トラディショナルなデザインを打ち出す“10 eyevanサーモントシリーズ”から限定カラーが登場しました。

LIMITED EDITION「INK×Lacquer Black」 ¥74800

モデル名に冠した“INK”は日本の墨をイメージ。セルロイド特有のツヤをあえて取り除くことで重厚感が与えられ、さらに“Lacquer Black”を表現するように伝統工芸品である漆器を思わせる配色に。

黒く輝く漆塗りのような美しさを引き立てるようにタイトなリムを採用。凛とした佇まいでありながらも、顔に装着することで力強さを主張してくれます。

一定期間寝かすという手間を掛けた工程を経て、フレーム全体に強度が備えられているのもポイント。繊細なリムでありながらも永く愛用できる一本に仕上げられています。

パーツにゴールドを使用したタイプ(¥151800)も用意されています。ともに希少なセルロイドを使用したうえ、特殊で技巧的な製法を必要とするので生産数はわずか。

クラシカルなデザインに日本の美意識を投影した、他にないモダンなアイウエアは2月11日(金・祝)から発売。身に着けるだけで背筋が伸びるような漆黒の色合いが、何気ない日常に彩りを与えてくれます。


(問)EYEVAN 7285 TOKYO tel:03-3409-7285 eyevan7285.com

Tags
Shohei Kuroda