スキーウエアの技術を落とし込んだ、ゴールドウインの光電子ダウンJKTが豊作。

GO OUT編集部

国産アウトドアウエアブランドの雄「GOLDWIN(ゴールドウイン)」といえば、スキーウエア作りに端を発するブランドだけに冬向けのアウターやシェルこそ要注目ですが、今季ラインナップした光電子ダウンコレクションはまさにそんなブランドのイズムが感じられる出色の出来栄え。

スキーウエア作りで培われたノウハウが落とし込まれた高いスペックと、海外でも人気を博すミニマルなデザインを持つ機能美的ダウンジャケットが目白押しです。

GORE-TEX Hooded Down Coat ¥110000

冬の厳しい環境下でも対応できるスペックを備えながら、タウンユースしやすいデザインを落とし込んだ、 GORE-TEX Hooded Down Coatは、優れた防水性と保温性を追求したコート。

表地は、防水透湿性の高いGORE-TEX素材、中のバッフル構造はダウンが背中の中心部分に集まる形状になっているため、たっぷり使用した光電子ダウンで効率的に保温できるだけでなく、すっきりとしたシルエットを実現。

GORE-TEX Down Jacket ¥99000

光沢を抑えた風合いでミニマルなデザインに仕上げ、保温性の高いジャケット。表地には、防風性や透湿性を備えたGORE-TEX INFINIUMTM PRODUCTSを採用。やわらかく軽量性にも優れているため、動きやすく快適。中には、遠赤外線効果で自然な暖かさが持続する光電子ダウンをたっぷり封入。

ハイロフトながら、表地・ダウンともに軽量で、フード口まわりにはダウンチューブを配し、冷気が入りにくいように。さら にフードのスピンドルを引いて顔まわりにフィットさせると、保温性を向上でき、軽やかに着用できる。

Down Cardigan ¥36300

リサイクル素材 ECOPET, GREEN MATERIALを活用したダウンカーディガン。 表地に使用しているのは、循環型リサイクルシステムによって再生されたケミカルリサイクルポリエステル。 適度なハリコシと、陰影のある鈍い光沢があり、格子が目立ちにくくクリーンな印象に。

20デニールという薄さで軽量性に優れ、リップストップで耐久性もバツグン。表生地にはっ水性をもたらすコーティング加工を施しており、多少の雨なら対応可能。コンパクトで軽量性にも優れ、携行にも重宝するスタッフサック付きなのも嬉しいところ。

Fly Air Down Jacket ¥38500

エコロジーと機能性を両立させた、薄手のダウンジャケット。 表地・裏地ともに使用しているのは、非常に軽くてしなやかなエコロジー素材、パーテックス クァンタム。糸と糸が絡み合うY型断面糸、Yフューズのため、優れたダウンプルーフ性があるのが特徴だ。

バッフルは、スキーウエアからスタートしたGoldwinのブランドアイデンティティである「シュプールライン」の曲線で、さりげないデザイン性も抜かりなし。

スキーウエアで培ったゴールドウインの強みを活かしたハイスペックな光電子ダウンコレクション。本格的な冬がやってきたいま、街でもフィールドでも使える即戦力アウターをお探しなら選択肢に入れておくべし!


(問)GOLDWIN https://www.goldwin.co.jp/goldwin/

 

Tags
GO OUT編集部