写真家・石川直樹氏の作品を落とし込んだ、超限定の大型トリプルコラボがお目見え!

「アートピースを着る」がコンセプトの新鋭ブランドWEARSSETS(ウェアセッツ)と、アウトドアに圧倒的強さを誇るおなじみGoldwin(ゴールドウイン)

両ブランドのセンスと技術を融合させたアイテムに、世界中を冒険する写真家・石川直樹氏の作品を落とし込む、超限定トリプルコラボ「K2 IWG」の予約受付が始まった。

トリプルコラボ「K2 IWG」 は全7アイテムからなるスペシャルコレクション。写真家・石川直樹氏の作品が各プロダクトに落とし込まれている。写真の6型に加え、カメラバッグがラインナップする。(詳細は次ページをチェック)

大型コラボの仕掛け人たちを直撃。

石川氏によるK2の写真がモチーフなのと関わる3者の頭文字から「K2 IWG」と命名された今コレクション。合計7モデルが展開され、それぞれ100着限定の事前予約制となっている。(各プロダクト紹介は次ページにて)

3月1日の予約スタートに先駆けてオープンした「Goldwin Harajuku」にて、石川氏とウェアセッツのお二人、ゴールドウインを指揮する新井氏に話を聞いた。

左から/新井 元さん(ゴールドウイン事業部長)、石川直樹さん(冒険家、写真家)、阿久津誠治さん(デザイナー)、サカグチコウヘイさん(キュレーター、出版レーベル主宰)。

三者を結びつけたものとは?

「10代の頃から世界を旅する冒険家にして、人々の心揺さぶる作品を生み出す写真家でもある石川さん。彼の個展や展覧会に関わった縁があり、以前から一緒にクリエイションできればと思っていたんです」と、ウェアセッツのプロデューサー、サカグチ氏。

ウェアセッツの両名。「シリアルナンバーは受け渡し会で石川さん本人が入れてくれる予定です」。

ウェアセッツ×石川直樹のアイデアに、ウェアセッツCEO兼デザイナーである阿久津氏も賛同。

「サカグチから話を聞き、とても面白そうだと。でも、我々だけでは石川さんの個性やパワーを表現しきれないと考え、アウトドアのプロであるゴールドウインにオーダーしました」。

「機能的な部分は石川さんからリアリティのある具体的な案を頂いたので比較的イージーでした。しかし、写真の色合いを正確に出すのが大変で」。新井氏は各クリエイターの思いを受けてのプレッシャーに悩まされたとか。

「私は個人的に石川さんの著書を読ませて頂いており、深く共感したファンの一人。ですから、良い機会をもらえて感謝しています」と、ゴールドウインの新井氏。

「実際に製作し始めると、作り手の思いを忠実に表現しなきゃいけないわけで、かなりプレッシャーでしたけどね(笑)」。

 

主題に「K2」を選んだワケ。

石川氏がこのプロジェクトについて聞いたのは約1 年ほど前。

「ちょうどK2に挑む直前であり、頭が遠征でいっぱいのタイミングだったんです。とはいえ嬉しいお話。ぜひ、大好きでリスペクトしているK2を題材にしたいと考えました」。

帰国後、K2への過程で撮った作品をウェアセッツにいくつか送ったそう。

ダウンジャケットにプリントされているのは、石川氏が強く憧れているK2。

届いた作品の中から写真をセレクトしたウェアセッツの両名よると「我々がピンときた写真を、お二方も気に入ってくださり……。スムーズに関わる全員が納得する絵を決定できました」とのこと。

石川さん本人もすぐに納得したそうで「一番思い入れのあるK2の写真を採用していただけました。ケープに使用されているドンキーの写真のチョイスには少し驚きましたが(笑)」。

「Goldwin Harajuku」では今コラボで使用されたフォトが飾られる。

ロゴやジャケットに使われているのが、そびえ立つK2の写真。石川氏お気に入りの作品であり、K2 IWGの象徴ともいえる。

全面にK2の写真が落とし込まれたダウンジャケット。バックにはエマージェンシーカラーでプリントしたウェアセッツのロゴをオン。

「青空と山のコントラストや雪の白さを、正確にテキスタイルへ反映させるのに苦労しました」と、プロダクトを監修する立場のゴールドウイン新井氏。

中綿ケープには、パキスタン軍駐留地で撮影したロバのフォトがあしらわれている。

アラビア語のグラフティが印象的なパキスタン軍駐留地の写真を大胆に落とし込まれたケープ。

「アラビア語のグラフティがカッコ良いでしょう?すでに壊されてしまって今は見られない風景だそうです。そんなエピソードも写真ならではで素敵だと思って」と、サカグチ氏が教えてくれた。

カメラバッグは石川氏のアイデアにより、胸元に携行できるデザインに。マグネットやフックで開閉できるので、カメラ取り出しもスムーズ。

石川氏のエッセンスは写真だけではない。全プロダクトにアウトドアマンとしての彼の意見が盛り込まれている。

「高い保温力、止水ファスナーといった基本はもちろん、ベンチレーションや収納力などについてもオーダーを。実体験から必要と感じたギミックを盛り込んでもらいました」。

 

ほぼ同時にお目見えとなった「Goldwin Harajuku」への想い。

三極点をはじめ、石川氏撮影の写真が随所にディスプレイされたGoldwin Harajuku。

エントランスにK2 IWG をディスプレイする「Goldwin Harajuku」について石川氏。「決して広くはないけど、濃いショップですね。体を最大限に使わないと生きていけない南極、北極、エベレストという3つの極点を撮影した作品も展示してもらっています」。

Goldwin Harajukuでは、3月11日(水)までK2 IWGの予約を受け付けている。

「最高の出来となったダウンジャケットが目立ってイイ感じ。原宿という場所にありながら、落ち着いた大人のアウトドアショップに仕上がっていて、幅広い人々に愛されそう」とは阿久津さんの弁。

Goldwin Harajuku

原宿に新たにオープンしたゴールドウイン3店舗目の直営店。「K2 IWG」をはじめ、Goldwinの全カテゴリーから、シーズンテーマに沿ってセレクトされた多種多様な機能美アイテムが揃う。
所在地:東京都渋谷区神宮前6-10-12 Citta神宮前 1F
営業時間:11:00〜19:00 ※新型コロナウイルス感染症対策として2020年3月22日(日)まで営業時間を短縮中(通常営業時間11:00〜20:00 )
tel:03-6419-7920

 

次ページでは、全アイテムの詳細を公開。

 

  • 写真家・石川直樹氏の作品を落とし込んだ、超限定の大型トリプルコラボがお目見え!
  • 写真家・石川直樹氏の作品を落とし込んだ、超限定の大型トリプルコラボがお目見え!
  • 写真家・石川直樹氏の作品を落とし込んだ、超限定の大型トリプルコラボがお目見え!
  • 写真家・石川直樹氏の作品を落とし込んだ、超限定の大型トリプルコラボがお目見え!
12 >
Tags

オススメアイテム

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout