フィルソンから、2層マッキノーウールの極寒対応アウターが登場。レトロポップなチェック柄もミソ。

Shoichi Yamada

120年以上の歴史を誇るアメリカのアウトドアクロージングブランド「FILSON(フィルソン)」から、マッキノーウールを使用した今季限定アイテムが登場。フィルソンらしいクラシックかつアメカジの王道でもあるチェック柄を用いた今作は、男のマストピース的なアイテムに仕上がっている。

LINED WOOL PACKER COAT ¥107800

アウトドア好きな男なら誰もが憧れるフィルソンの名作「マッキノークルーザー」と同様のマッキノーウールを大胆に2層重ね。ダブル仕様で、保温性抜群なアウターJKTとなっている。アメカジらしい赤と黒のチェック柄は、真冬のフィールドでも映えること間違いなしだ。

26オンスの厚みを誇るマッキノーウールは、暖かさに加えタフでヘビーデューティーに使えるのもポイント。本国アメリカのワーカーたちのように、毎日ガシガシきて自分だけのリアルクローズに育て上げるのも楽しみの一つだ。

ほかにも襟のボアにはニュージーランド産のシープスキンを採用するなど、素材にこだわったハイクオリティーな仕上がりはさすがフィルソンといったところ。ハイテク素材や化繊もいいが、たまにはアメリカらしい男くさいスタイルも着たい、みたいな方にもおすすめだ。


(問)アウターリミッツ    tel:03-5413-6957 filson.jp

 

Tags
Shoichi Yamada