マウンテンハードウェアがおくるクライマー視点の最先端ダウンに、新型パーカ&パンツが仲間入り!! 

GO OUT編集部

アメリカでも有数のマウンテンスポーツブランド「MOUNTAIN HARDWEAR (マウンテンハードウェア)」が、10年を費やして開発したスーパーDS構造を採用した革新的なダウンウエアシリーズ「ストレッチダウン」に、新作のパーカと、同シリーズ初となるパンツが登場!

シリーズ誕生から3シーズン目となる今季は、縫い目のない構造による高いストレッチ性と耐久性、軽量性をそのままに、幅の広いバッフルの採用やダウンの封入量を増やすことで保温性が向上。いまっぽいシルエットで街でも山でも着やすい、まさにシームレスなダウンウエアとなっている。

(左) ストレッチダウンパーカ   ¥52800 ,  (右) ストレッチダウンパンツ   ¥31900

新作のストレッチダウンパーカは、従来のストレッチダウンよりもバッフルの幅を広く、ロフトを高く設計したことでより保温性に優れる1着となっている。

一方のコレクション初となるダウンパンツは、パンツの上に着用できるゆとりのあるシルエットながら、裾部分はテーパードのかかったデザインに。もちろんこちらもスーパーDS構造が採用されており、伸縮性バツグンの機動力に優れる作りとなっている。

縫い糸や圧着剤を使用しない生地の織りによるスーパーDS構造により、ダウンのずれやコールドスポットを軽減。
縫い付けがない分、抜群のストレッチ性を発揮。寒冷期の過酷なクライミングシーンにも対応しうる機動力と耐久性を誇る。

マウンテンハードウェアが手塩にかけて開発したストレッチダウンシリーズの最新作。今季は意外と防寒が疎かになりがちな足元もカバーしてくれるパンツも引き連れ拡充され、ますます注目すべきシリーズとなった。

Photo/Shouta Kikuchi


(問)コロンビアスポーツウェアジャパン tel:0120-193-803 www.mountainhardwear.jp

 

Tags
GO OUT編集部