AIGLEの堅牢ラバースニーカーが登場。伝統製法とエコ素材の合わせワザが光る。

1世紀半という途方もない歴史の中で、一貫して上質なラバーシューズを作り続ける「AIGLE(エーグル)」。

伝統的な製法を受け継ぎつつ、時代に沿った機能美やデザインを取り入れているのも魅力。その姿勢が投影された、地球環境に配慮するラバースニーカーが登場しました。

RUBBER MID M ¥16500

リサイクル仕様のポリエステルキャンバスを用いたアッパーと、クラシカルなバルカナイズドソールをコンビネーション。アッパーのボトム付近を天然ゴムでコーティングして防水性能を高めています。

RUBBER MID M PT ¥16500

“RUBBER MID M”の迷彩バージョンもエントリー。こちらも程よくツヤのあるポリエステルキャンバスがアッパーに搭載されています。

RUBBER LOW M ¥14300

ミッドカットだけでなくローカットもラインナップ。アッパーのボトム周辺に施された天然ゴムのコーティングで雨の侵入を防いでくれます。

あらゆるブランドが取り組むサスティナビリティに、エーグルらしく参画。ラバーシューズを得意とする同ブランドらしさを表現しながら、現代的な一足に仕上がった新作、エーグル全店舗・オンラインストアにて、9月下旬発売予定です。


(問)エーグル カスタマーサービス tel:0120-810-378 https://www.aigle.co.jp/

 

Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout