トヨタのタウンエースを、70年代アメ車フェイスにカスタムした外装コンプリートカーが登場!

ユルい空気感が漂うルックスや普段使いしやすいサイズ感で、キャンプシーンやバンライフシーンで人気となっているトヨタのミドルサイズバン「タウンエース」。そんなタウンエースを70’sの雰囲気漂うアメリカンバンのような外装にフェイスチェンジしたカスタムカーが「SantaRosa(サンタローザ)」から登場した。

サンタローザはコンプリートカーの名門「ナックス」が手掛けるブランドで、リアルウッドとアイアンを使ったインテリアが特徴のバンライフ仕様のカスタムハイエースなどを製作している。

そんなサンタローザが手掛ける「Fillmore(フィルモア)」は、タウンエースをベースに元のデザインが分からないレベルまで70年代アメリカンフェイスにイメチェンした外装カスタムカー。

アメリカンクラシックの雰囲気を漂わせる丸目キットの装着やセンターグリル周りの塗り分けなど、ヘッドライト・グリル周りを中心に純正タウンエースからガラリと印象が変わり、1970年代の3代目フォード・エコノラインを彷彿とさせるキャンプシーンにも馴染むクルマへと変身している。

また、サンタローザでは、タウンエースのインテリアコンプリートカー「Monolog(モノローグ)」のオプションとして、このフィルモアのフェイスキットを選ぶこともできる。

モノローグは、コンパクトながらも車内空間を広く使えるよう考え抜かれたバンライフ仕様。テーブルを囲めるダイネットモードやフルフラットのベッドモードなどの機能はもちろん、洗練されたファブリックデザインや木目調フロアなど、こだわりのインテリアカスタムになっている。

クラシックなアメ車の雰囲気は好きだけど、普段使いしやすいサイズ感や最新の安全装備もほしい。そんなキャンパーにぴったりなコンプリートカーになっている。


(問)サンタローザ www.santa-rosa.jp/

Tags
Shinya Miura