スバルが「レガシィ アウトバック」の一部改良モデルを発表。ライトスイッチの操作性が向上 。

GO OUT編集部

スバルは「レガシィ アウトバック」の一部改良モデルを9月8日に発表した。税込車両価格は「X-BREAK EX」が414万7000円、「Limited EX」が429万円。
今回の一部改良では、ライティングスイッチの操作性を見直し、「車幅灯/尾灯&OFF」を1ポジションから、「車幅灯/尾灯」と「OFF」に分け、2ポジションに変更された。

レガシィ アウトバックは、1995年に北米市場で誕生(※)して以来、乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUVとしてその歴史を積み重ねてきた。歴代モデルを通じ、どこまでも走り続けられるような安心感と快適性、荷物を効率的に積める積載性、質感の高い内装といった、クルマとしての本質的価値を磨き続けてきた。

そうすることで、乗る人の生活をさらに豊かなものにするパートナーとして信頼を築き上げ、スバルのフラッグシップクロスオーバーSUVとして、唯一無二のキャラクターを確立してきたのである。

現行モデルでは、「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というコンセプトのもと、歴代モデルが培ってきた価値に最新の技術を組み合わせることで、さらなる進化を遂げている。
※日本市場は1995年に「レガシィ グランドワゴン」の名称で発売。

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

関連記事

Tags
GO OUT編集部