ホンダの大本命SUV「ZR-V」をホームページ特設サイトにて先行公開。

GO OUT編集部

HONDA(ホンダ)」は、2022年秋頃に発売予定の新型SUV「ZR-V(ゼットアールブイ)」に関する情報を、本日ホンダの特設サイトにて先行公開した。発売に先駆けて、先行予約の受付が9月より開始される。詳細については、今後順次公開されていく予定だ。

Table Of Contents : 目次

コンセプト

ZR-V は、「異彩解放」というグランドコンセプトのもと、顧客の個性を解き放ち、お気に入りの一張羅のように気分を高めるクルマを目指して開発されたモデルである。

「グラマラス&エレガント」をキーワードに美しく洗練されたデザインや、意のままに操ることを目指したダイナミクス性能など、ドライバーに自信と余裕をもたらすクルマとして、SUV として新たな存在価値を確立する。

主な特長

デザイン

デザインには、都会にも似合うスマートでエレガントな演出が施されている。エクステリアは、フロントからリアにかけて、ボリューム豊かで滑らかな面が特徴的な流麗なプロポーションとなっている。

フロントは、周囲の形状と連続性を持たせたバーチカル(垂直)グリルと、横長でシャープなヘッドライトにより、上質でありながら凛々しく存在感のある表情を演出。

リアは、ボディの下まわりにボリュームを持たせつつ、上に向かってなめらかに絞り込むことでワイドトレッドを強調した造形となっている。

インテリアは、左右に伸びやかに広がるインストルメントパネルを採用することで、広々とした空間が演出されている。また、細部にわたる部品の仕立ても、機能的で緻密な仕上げによって造形の美しさを際立たせ、1 クラス上の上質な室内空間が目指されている。加えて、ハイデッキセンターコンソールによって運転席と助手席を分けることで、よりパーソナルな空間を創出した。

パッケージング

低く安定したドライビングポジションと、見晴らしのよいアイポイントを両立させることで、運転のしやすさの確保と、ドライバーとクルマとの一体感を高めることを目指して製造されている。

また、ワイドで水平基調な前方視界に加え、後方視界についても他の車両や歩行者などを認識しやすいようにすることで、運転時の全方向における良好な視界が追求されている。後席についても、前席同様ヒップポイントを低く設定することで、ルーフエンドのデザインの自由度を高めることが可能となり、優れた空力特性を保ちながら流麗なルーフラインが実現された。

また、使い勝手の良い多彩な収納スペースを用意し、顧客のさまざまなニーズに応えられるユーティリティーを確保している。

パワートレイン

ハイブリッドモデルには、CIVIC e:HEV で新開発しされた 2.0L直噴エンジンと 2モーター内蔵電気式 CVT の「スポーツ e:HEV」を SUV に初搭載。市街地から郊外、高速道路、ワインディングなど、さまざまなシーンにおいて、1 クラス上の上質で爽快な走りを実現した。

また、高レスポンスで軽快な走りを提供する 1.5Lターボエンジン+CVT のガソリンモデルも設定されている。ハイブリッドモデル・ガソリンモデルともに、リアルタイムAWDを設定。優れた雪上旋回や登坂の性能を持ち、安心感のある雪上走行を実現した。

先行展示会開催概要

8月13日(土)を皮切りに、各地で実車を確認できる先行展示会の開催が予定されている。詳細については、特設サイトを参照。

  • 8月13日~14日 梅田駅 阪急ビッグマン前広場
  • 8月20日~21日 東京駅 イベントスペース(八重洲中央口付近)
  • 8月27日~28日 名古屋 JR ゲートタワー

ZR-V特設サイト:www.honda.co.jp/ZR-V/new/ 

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

関連記事

Tags
GO OUT編集部