シトロエン・C3エアクロスSUVと、サーフブランド「RIP CURL」によるコラボ仕様車が登場!

専用ボディカラー、インテリアカラーに加えて、エンジンのパワーアップも盛り込む。

シトロエンC3と同じ「PF1」プラットフォームを使って仕立てられたコンパクトSUVのC3 AIRCROSS SUV(C3 エアクロス SUV)は、ひと世代前の車体でありながらなかなかの完成度を堪能できます。

大きめのロールを伴いながらも粘り強く路面を捉え、山道でも駆け抜けていきます。C3よりも後席や荷室が広い利便性も魅力でしょう。

特別仕様車「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」のエクステリア

そのC3 エアクロス SUVに、2021年4月30日、特別仕様車の「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」(C3 エアクロス SUV サーフエディション・バイ・リップカール)が設定され、5月1日に発売されました。

今回の特別仕様車はグローバルで展開される仕様で、サーフブランドの「RIP CURL」とコラボにより誕生。5年に渡るリップカールとシトロエンのコラボにおいて初めて日本市場に投入されるモデルでもあります。

「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」のリヤビュー

エクステリアからチェックするとボディカラーに「グリ アルタンス」、ルーフとルーフレールに「ノアール ペルラネラ」が使われています。

さらに、アクセントカラーとしてゴールドを彷彿とさせる「リップカール・アルマイト・オーカー・カラー(マットイエロー)」を配置。強烈でエネルギッシュなマットイエローは、サーフィンの世界で見られる砂丘や太陽の光からインスピレーションを得たものだそう。

「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」のアルミホイール

マットイエローは、ヘッドライトベゼルをはじめ、ドアミラー、ブラックの16インチホイールのセンターキャップにも採用されています。さらに、メタリックグレーとブラックのボディにマットイエローが映えるボディサイドには、「RIP CURL」のブランドロゴがフロントドアに用意されています。

また「C3 エアクロス SUV」の特徴のひとつであるリヤクオーターのベネチアンストライプに代わって「RIP CURL」ロゴが備えられています。

「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」のインテリア

インテリアも同様に、専用のダークグレーファブリックにブラックテップレザーとマットイエローのアクセントカラーの組み合わせ。エクステリアと呼応するかのようなグラフィカルなコーディネイトになっています。

通常モデルではファブリック張りとなるダッシュボードは、ダークグレーのテップレザーが張られ、タフなイメージを強調。

装備も充実していて、1.2L直列3気筒エンジンは、カタログモデルから最高出力が110psから130psに、最大トルクは205Nmから230Nmにパワー、トルクともにアップ。加えて「SHINE」グレードでパッケージオプションを選択しないと装着されない「アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)」が搭載されています。

「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」のインテリア

同装備は、FFでも高い機動力が得られるもので、トラクションコントロールとブレーキLSDを高度に統合制御。SUVとしての本格的な走破性能を発揮するアドバンスドグリップコントロールの「サンドモード」選べば、サーフスポットまでの移動も容易にできそう。

「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」のボディサイズは、全長4160×全幅1765×全高1630mm。価格は305万9000円です。

(塚田勝弘)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout