日産キックスに「コロンビア」とコラボした、アウトドア装備の特別仕様車が登場!

GO OUT編集部

11月2日、日産自動車はコンパクトSUV「キックス」に特別仕様車「コロンビアエディション」を設定し、500台限定で同日発売した。税込車両価格は297万円。

長い歴史があり、信頼性の高いアウトドアブランドであるコロンビアの世界観を表現

ボディカラー:ダークブルー

キックスは昨年の発売以来、「e-POWER」ならではの力強い加速や高い静粛性、アクティブで先進的なエクステリア、そして、コンパクトボディでありながら広い室内空間を実現したモデルとして、好評を博している。

このたび発売された特別仕様車「キックス コロンビアエディション」は、総合アウトドアメーカー「コロンビアスポーツウェアジャパン」と日産が共同企画した、アウトドアに最適なアイテムを装備した特別仕様車。

ボディカラー:チタニウムカーキ

この企画は、今年3月と6月にコロンビアと日産が実施したキャンペーン『FITTING EARTH』を通して、アウトドアライフを後押ししてきたことをきっかけに、アウトドアに最適な仕様の特別仕様車を作るという両社の想いが合致し商品化に至ったもの。

「キックス コロンビアエディション」は、Xグレードのチタニウムカーキとダークブルーの2色のボディカラーをベースに、フロントアンダープロテクターやリヤアンダープロテクター、サイドシルプロテクターをブラックに加飾した「ブラックスタイルパッケージ」をディーラーオプションとして設定したほか、「キックス コロンビアエディション」オリジナルのアイテムを装備している。

ボディステッカー(フロント)
ボディステッカー(サイド)

エクステリアには、コロンビアのコーポレートカラーであるブルーのグリルステッカーを、サイドとリヤには、コロンビアのロゴステッカー、そして、コロンビア誕生の地であるオレゴン州最高峰のフッド山をあしらったグラフィックステッカーをサイドに配し、長い歴史があり、信頼性の高いアウトドアブランドであるコロンビアの世界観を表現している。

シートバックポケット

インテリアには、耐水性に優れたCORDURAファブリック(305デニール)を使用し、生地に防水加工を施したアウトドアに最適な、アクティブなシーンで活躍するラゲッジシートや、シートバックポケット(運転席・助手席)、フロントシートエプロン(運転席・助手席)を装備。

ラゲッジカバー

ラゲッジシートはラゲッジフロアの保護に加え、シート背面のポケットに小物も収納可能だ。シートバックポケットには、コロンビアの代表的なプロダクト「マルチポケットフィッシングベスト」からインスパイアされた使いやすい大小のポケットのほか、ドリンクホルダーやティッシュホルダー、ウェビングベルトを備えている。

シートエプロン

脱着も簡単なフロントシートエプロンには、防水加工が施された生地を採用しているため、汚れたまま車内に乗り込んでも安心だ。

また、ディーラーオプションとして、エクセレント(ブラック)のフロアカーペットや、熱を放射することで車内の温度上昇を抑制するRadi-Cool社製の放射冷却技術を採用したサンシェードも用意されている。

写真の車両には、ディーラーオプションのブラックグリルフィニッシャー、ドアサイドモールディング、エスティーロアルミホイール(5本ツインスポーク、ガングレーメタリック)を装着

日産自動車公式サイト「キックス コロンビアエディション」

 

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

【モーターファン関連記事】

・都市派SUVアウディQ2、スタイリッシュなデザインと絶妙のサイズがいい!
motor-fan.jp/mf/article/21618/

・【このキャンピングカーが欲しい!】街中もスイスイ走れるキャブコン。ナローボディがベースだから機動力はバツグン
motor-fan.jp/mf/article/21897/

・【2021】コンパクトSUVおすすめ人気ランキング12選|国産・外車
motor-fan.jp/mf/article/20840/

・ダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」に新開発の1.2ℓハイブリッド「e-SMARTHYBRID」を搭載! WLTCモード燃費は28.0km/ℓ
motor-fan.jp/mf/article/21799/

・トヨタがAE86カローラレビン/スプリンタートレノの復刻部品を発売!
motor-fan.jp/mf/article/21746/

 

Tags
GO OUT編集部