外遊び好きに人気のランクル80、実際どうなの? オーナーさんに聞いてみた。

世界的な人気カテゴリーであるRVのなかで、日本を代表するモデルといえばトヨタのランドクルーザー。特に1989年に登場した“ランクル80”は先代より大幅に性能が向上し、今も外遊び人憧れのクルマとなっています。

とはいえ、’97年に次世代機へのバトンタッチを果たし販売終了。現在は基本的に中古でしか入手できなくなっています。少なくとも20年以上前のクルマですが問題はないのでしょうか? そこでランクル80のオーナーである、アウトドアセレクトショップTsugikiの木原彰夫さんに本音を伺いました。

GOOUTWEB

木原彰夫さん

東京の重要指定文化財、根津神社の参道入り口にある築100年の古民家を改装したセレクトショップTsugiki(ツギキ)を運営。アウトドアギアや故郷富山の伝統工芸品、オリジナルブランドUUU.などを軸に展開している。

特注カラーにバルーンタイヤを履かせた’94年式ランクル80。

木原さん所有のランドクルーザー80は’94年式。シトロエンの2CVに使われていたブルーストラトスをモチーフにオーダーした、こだわりのカラーが目を惹きます。加えてルーフは白に。オリジナルにはないツートーン仕上げもなかなかのインパクトです。

「前モデルのランクル60にあったツートーンを80で再現しました。フロントからリアウインドウまで入るホワイトは、キャノピー付きのピックアップトラックをイメージしています。もう、遊び心しかないカラーリングです(笑)」。

中東仕様のライトにカスタム。

フロントは通常だと横長一枚のヘッドライトを、角目四灯に変更。しかも中東への輸出用モデルに配される、小糸製作所のガラス製。

「古いクルマって樹脂パーツが黄ばんでしまいケアが必要になりますが、ガラスならキレイさが長持ちするんですよ」。

「そして、通称1ナンバー=商用車で登録を。ランクルは3ナンバーが一般的ですが、1ナンバーにすることで税金を抑えられます。ただし、車検が毎年。結局コストかかりますけど、製造から四半世紀以上経っています。気持ち良く乗るにはマメなメンテナンスが必要では?」。

スタッドレス要らずの全天候型マッドテレーンタイヤ。

一番のチャームポイントと木原さんが胸を張るのがタイヤ。アメリカのグッドイヤー社製で、比較的新しいモデルのデュラトラックを履かせています。オフロード用のマッドテレーンタイヤにも関わらずオールシーズン対応だから、冬でも交換しないで済むのだとか。

「河口湖とか富士山周辺に行って、一泊して朝を迎えたら一面真っ白みたいなシチュエーションでも問題なし。よほどの豪雪でなければ大丈夫です。静音性や燃費まで優秀なんですが、僕としてはフワッとボリューミーなバルーン感も、全体のバランスを整えてくれるのでお気に入り」。

インテリアは潔くシンプルに。

ラゲッジルームはイベントや出張先で、デスクワークをするスペースに。

「サーマレストのマットを敷き、クレイジークリークの座椅子に座って。2列目シートを倒せばフルフラットになりますから、車中泊だって余裕です」。

コクピットは意外にもほぼノーマル。「至ってシンプル、というか純正のままですね。いじったのはカーナビくらい。運転席で面白いのはコンパスと高度計が標準装備な点。実際に道具として使うクルマなんだと実感でき、愛着も湧きます」。

 

これは覚悟しておきたい、3つのウィークポイント。

約8年前に購入した木原’sランクル80。走行距離3万km程度の好状態だったそう。

「古いクルマなので細かい電装系、オイル関係といったポイントは経年で弱くなり壊れます。だからいって、走れなくはなりません。そこがランクルのタフさ。小さい部分が故障しても走れるんです」。

とはいえ、ランクル乗りお馴染みのウイークポイントがいくつかあるようで……。

WEAK POINT 1 オイル漏れ

「まず、デフまわりのオイル漏れ。どの車種でも起こりますけど、クルマ屋さんで直せますのでご安心を。壊れたとショック受ける必要ありません。この程度は壊れたうちに入らないですし(笑)」。

WEAK POINT 2. ゴムパッキンの劣化

ランクルの泣き所でメジャーなのはウインドウのゴムパッキン。「そもそも古いから硬化しやすく、パワーウインドウの動きを妨げるんです。窓が閉まらない現象がたびたび起こるわけですが、僕の経験だとほぼ原因はパッキンにありました」。

WEAK POINT 3. 駐車場に入らない

そして、東京の人は特に困るのが普段使う駐車場。「ランクル80はフル装備で約2.4tあり、最近増えている立体駐車場の重量制限を超えてしまいます。特にマンションにお住いの方は気をつけてください。平場の駐車場を探すのかなり大変ですよ」。

 

小さな故障はあれど、“まず壊れない”タフなクルマ。

堅牢で知られるランクルですが、木原さん曰く「壊れる=走行不能ならば、まず壊れません」とのこと。「日々小さな故障こそ起きますが、この年代のクルマは扱える整備士さんが多い印象。近所の整備工場や板金屋さんに連絡すると、チャチャッと直してくれることがしばしばです」

年代からいえばロートルなランクル80。とはいえ根本的丈夫さは最新車種顔負けのようです。これから購入を検討しているなら安心して良いでしょう。ただし、重量には要注意。まず駐車場を確保してからディーラーに出向くのが正解ですよ!

 

ここではザッと紹介しましたが、詳しくは↓の動画をチェック!

GO OUTのYou Tubeチャンネルがスタートしました!  他にも、おしゃれアウトドア派のアレコレを取材した動画をゆる〜いテンションで配信中! 今後もGO OUT本誌と連動した企画を配信予定なので、チャンネル登録お願いします!

 

Tsugiki

Tsugiki

住:東京都文京区千駄木2-7-13 tel:03-5832-9313 休:火曜 HP:https://tsugiki.stores.jp/

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout