ランドクルーザー プラドとキャンプ旅。アウトドアギアとしての魅力とは。

pr

238 Shares

ランドクルーザー プラドとキャンプ旅。アウトドアギアとしての魅力とは。

ラフで本物。ランドクルーザー プラドと行く、晩秋のキャンプトリップ。

2017年9月12日、13年ぶりに日本市場に復活を果たしたハイラックスとともに、大幅にマイナーチェンジして一躍脚光を浴びているTOYOTA ランドクルーザー プラド。

そんな話題のランドクルーザー プラドに乗って、3人の男たちが秋キャンプへ出かけることに。そこにはランドクルーザー プラドの魅力にも劣らない、とても贅沢な体験が待っていた。


PM13:00 キャンプ場到着

キャンプ日和の休日。ランドクルーザー プラドにありったけのギアを積み込んで長野県のとあるキャンプ場へ。片道3時間も苦にならない快適な旅になった。

この日はほぼ貸し切り状態。高台からキャンプ場を一望し、陽の向きや眺望を計算して、今日一番のテント場を探す。

 

PM14:00 テントサイト設営

場所が決まったら力を合わせてテントサイトの設営へ。リビングと寝室用として、大型のワンポールテントを2つ合わせることに。

PM15:00 チルアウトタイム

テントサイトはだいたい完成。3人はしばらく思い思いの時間を過ごす。ゆっくりとしたいところだが、焚火の準備や晩御飯の仕込みなど、案外やることは多い。

 

PM16:30 夕陽の見える丘へ

カメラ好きのひとりのたっての希望で、夕陽が見える丘へランドクルーザー プラドを走らせることに。誰にとっても絶景は心を奪われるものだ。

こちらはホワイトパールクリスタルシャインというボディカラー。都会でも映えるカラーだが、大自然での夕陽との相性もバツグンだった。

絶景に後ろ髪を引かれつつもそろそろ戻らなければ。クルマの中で物思いにふけるのも、ひとつの時間の過ごし方。

 

PM18:00 キャンプ場帰着

キャンプ場へ戻ってくるとすっかり陽は沈み、辺りは幻想的な雰囲気に。夕陽のなごりですこし赤らんだ空をバックに記念撮影。闇夜に浮かぶプラドのシルエットはとても幻想的。

 

PM20:00 夕食

お待ちかねの夕食は、事前に仕込んであったダッチオーブンのチキンソテーとニンニクたっぷりのガーリックステーキ。これぞまさにオトコの料理。

 

PM22:00 焚火

焚火を囲んで仲間と語らう、キャンプのなかでもっとも贅沢といってもいい時間。話題の中心は決まって次に狙っているアウトドアギアのハナシだったり……。

 

PM24:00 星空鑑賞を経て

ふと空を見上げると満天の星。そろそろ寝ようか、と誰かが言い出すまで長い夜は続くのだ。

 

AM7:00 起床

キャンプの朝は早いが、濃くかかっていた朝もやが晴れて後光が差す最高のロケーションに。朝食は軽めに済ませて、3人それぞれ爽やかな朝のひとときを楽しんだ。

 

AM10:00 撤収

しばらくまったりと朝の時間を過ごしたら、テントサイトの撤収を徐々に進めていく。リヤシートは分割可倒式なので、3人乗っても効率良く積み込んでいくことができる。

 

PM12:00 帰路へ

ランドクルーザー プラドと男3人の楽しいキャンプ旅もこれにて終了。片道3時間の車中でもキャンプ話に花を咲かせたことだろう。

 

使用ギア一覧:テント右¥170640、キャノピー¥30240、テント左¥117720/すべてテンティピ(ファロスインターナショナル) ランタン¥27000、薪ストーブ¥42120/ともにペトロマックス(スター商事) 焚き火台¥42660/ソロ ストーブ(アンプラージュ インターナショナル) ブランケット¥48600/ペンドルトン(エイアンドエフ) その他スタイリスト私物

 

左モデル:コート¥70200、ニット¥44280、キャップ¥11880、ブーツ¥91800/すべてフィルソン(アウターリミッツ) パンツ¥20520/ティグル ブロカンテ(ティグル ブロカンテ) 中央モデル:ダウンジャケット¥64800/シエラデザインズ(アリガインターナショナル) ニット¥17280/オムニゴッド(オムニゴッド代官山) パンツ¥19440/ア ボンタージ(ブリックレイヤー) ブーツ¥18360/ソレル(コロンビア スポーツウェアジャパン) その他スタイリスト私物 右モデル:アノラック¥59400/ユナイタス(スタディ ショールーム) ニット¥38880、パンツ¥24840/ともにア ボンタージ(ブリックレイヤー) ブーツ¥36720/エヌエフバイノースフィート(アイ ファウンド) その他スタイリスト私物 ※( )内の問い合わせ先一覧は最終頁にて

Photo/Shouta Kikuchi Styling/Tomoyuki Sasaki Hair & Make/Misao Toyama Model/Saki,Rintaro Asari,Shion Cooperation/Shigeru Higashimura


TOYOTA ランドクルーザー プラド

今回のキャンプ旅の主役、TOYOTA ランドクルーザー プラドは、本格SUVとしての魅力もさることながら、シャープで男前なルックスになり、より一層ボクらのライフスタイルにフィットするクルマへと進化した。

このクルマは、世界中の国と地域で愛され、走行性能、機能性が認められており、リセールバリューが良い点もおすすめだ。

2017年9月のマイナーチェンジを経て、力強さと先進性を一層高めたエクステリアに進化したほか、ヘッドランプは全車にLEDを採用、さらに全車に衝突回避支援パッケージ「Toyota Safty Sense P」を標準装備するなど、随所が刷新されている。

 

新ランドクルーザー プラドの魅力といえばこの男前なフロントフェイス。大型のフロントグリルからヘッドランプまでキリッと連なった一体感がたまらない。

 

価格:353万8080円[TX(5人乗り)ガソリンエンジン]〜536万3280円[TZ-G(7人乗り)]写真ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャイン<070>はメーカーオプション3万2400円(消費税込み)※

ランドクルーザー ブランドサイトはこちらから!

  • ※北海道地区、沖縄地区は価格が異なります。●価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)参考価格です。価格、取付費は販売店が独自に定めていますので、詳しくは各販売店におたずねください。●価格はスペアタイヤ(車両装着タイヤまたは応急用タイヤ)、タイヤ交換用工具付の価格です。 ●価格にはオプション価格、取付費は含まれていません。● 保険料、税金(除く消費税)、登録料などの諸費用は別途申し受けます。●自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要となります。●ボディカラーは撮影の関係で実際の色とは異なって見えることがあります。 ●車種、グレードによって設定および仕様が異なる場合がございます。詳しくは販売店におたずねください。●掲載車両の本仕様ならびに装備は予告なく変更することがあります。 (本内容は平成29年11月現在のもの)

(問)トヨタ自動車 https://toyota.jp/

 

■使用アイテム 問い合わせ先一覧

  • アイ ファウンド tel:03-6434-7418
  • アウターリミッツ tel:03-5457-5637
  • アリガインターナショナル tel:03-5825-4815
  • アンプラージュ インターナショナル tel:072-728-2781
  • エイアンドエフ tel:03-3209-7579
  • オムニゴッド代官山 tel:03-5457-3625
  • コロンビアスポーツウェアジャパン tel:0120-193-821
  • スタディ ショールーム tel:06-6948-6093
  • スター商事 tel:03-3805-2651
  • ティグル ブロカンテ tel:092-761-7666
  • ファロスインターナショナル tel:06-6121-2742
  • ブリックレイヤー tel:03-5734-1098

 

 

Tags

238 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル