理想の空間にアレンジできる、自由度バツグンの住宅「BinO」に注目!

pr
理想の空間にアレンジできる、自由度バツグンの住宅「BinO」に注目!

室内を立体的にアレンジできる、 “スキップフロア”の家。

スキップフロアを専門に、自由度の高い規格住宅を提案する 「BinO(ビーノ)」。ライフスタイルや好みに合わせて、室内空間を立体的にカスタマイズできることが最大の魅力だ。

住むヒトのライフスタイルに合わせて、グランド、 ミッド、スカイの3シリーズを用意する「ビーノ」。こちらは建物の中央階層にリビングをレイアウトした“ミッド”シリーズ。家のどこからでもアクセスしやすい場所にリビングがあるので、家族が気軽に集まりやすい。

そして“スキップフロア”は、リラックスルームやフリースペースとして活用できる。ナチュラルなウッドの質感と白壁のコントラストも魅力的だが、内装のテイストはベーシックでスタンダードなスタイルから、個性的なスタイルまで多彩なアレンジが可能だ。

「ビーノ」のスキップフロアは、 デッドスペースを極力無くすことで限られたスペースを効率的に使うことができる。そのためリビングダイニングやベッドルームとは別に、フリースペースやストッカールームを設置することも容易。

 

家族団らんもオトコの趣味も両立できるスキップフロアは、まるで“魔法の小箱”。

「ビーノ」が提案する家は、床の高さを半階ずつ変え、短い階段でつないだ“スキップフロア”を採用している。そのため同面積の一般的な2階建てよりも生活空間を広く構築できるのが魅力。

イビケン バナー1

大きな仕切りがなく家全体がひとつに繋がっているような感覚なので、ほどよくプライベートを確保しつつも、家族の存在を感じながら暮らすことができる。もちろん風通しがよく、外からの光を取り込みやすいやすいため、室内はいつも快適で開放的。

そして、空間を最大限に有効活用することで、外遊び好きなら絶対に欲しいアウトドアギアのストックルームや、趣味のコレクションを並べるフリースペースも設けることができる。家族団らんもオトコの趣味も、一緒に実現するスキップフロアハウスは、まさに魔法の小箱だ。

こちらは建物の上階層にリビングをレイアウトした“スカイ”シリーズ。コンパクトな敷地でも、空に近い天空のリビングと屋上ガーデンを備えるため、開放的でアウトドアテイ ストなライフスタイルが満喫できる。

ウッドとスチールを組み合わせたインダストリアル な内装も魅力で、フリースペースはライブラリーを兼ねたセカンドリビングとして活用。

写真 右は“ミッド”シリーズのVILLS、左は“スカイ”シリーズのEarth Parkの外観。

VILLSは深い軒と壁に囲まれたプライベー ト感のあるベランダも用意されている。Earth Parkはペントハウスのような屋根のあるスタイリッシュなフォルムが印象的で、屋上の広いスカイガーデンでは気軽にアウトドア気分を味わえる。

シアタールームやガレージのある暮らしも実現。

スキップフロアの特性を活かし、インサイドストッカーやアウトサイドストッカーを設けて、半地下のシアタールームやバイクガレージとすることも可能。アウトドアが趣味ならアクティビティのギアを収納するのもあり。秘密基地のようなプライベートルームが気軽に作れるので、オトコにとってはロマンがひろがるはず。

BinO参考価格1322万円~(面積92.74m²~、税抜)

 

Text/Masatsugu Kuwabara


(問)BinO Master’s Club info@bino.jp http://www.bino.jp

 

Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル