オレンジが外遊び仕様にアレンジした、アウトドア好き必見の別注コラボ4選。

pr
オレンジが外遊び仕様にアレンジした、アウトドア好き必見の別注コラボ4選。

外遊び好き必見! オレンジの別注コラボ作が続々と到着。

今季もビッグコラボを連発している日本有数のアウトドアショップ「Orange(オレンジ)」。ダナー、グリップスワニー、ナンガと、お馴染みの人気ブランドと生み出すアイテムはどれも機能的で好ルックスなモノばかり。ひと味違う逸品を求める外遊び人は要注目です!!

Table Of Contents : 目次

Danner × Orange(ダナー × オレンジ)

人気ブーツをより外遊び仕様にアレンジ。 

1932年に創業した「Danner(ダナー)」は当時から機能的ブーツに定評があり、瞬く間にアウトドアシューズの筆頭銘柄に成長。先進素材を積極的に採用することでも知られ、看板モデルであるダナーライトはゴアテックス搭載ブーツの代名詞的存在に。今季オレン ジは冬キャンプに最適な2型をピックアップし、よりユースフルにアップデートさせた。 

ヌクヌク中綿ブーツをミッド丈でより使いやすく。

FREDDO MIDDLE B200 PF ¥17600

インラインだとローカットとロング丈のみ展開するモデルを、シーン問わず使えるミッドレングスにアレンジ。高機能中綿シンサレートや防水メンブレン素材のダナードライによって、極寒悪天候な環境下でも快適な履き心地となっている。

フィールドはもちろん、デイリーでも映えるブラックとカーキの2色がスタンバイ。ともにフロントのドローコードにはオリジナルカラーとなるオレンジを配色し、別注だからこそのオリジナリティまでしっかりと主張させた。

アウトソールには、低温でもラバーが硬化しにくいアイストレックコンパウンドを採用し、路面を問わず高いグリップ力を発揮する。
アッパーには、撥水仕様のリップストップナイロンを使用。シンサレートとダナードライのタグをライナーに配す。 

クラシックな顔付きに現代的機能性を秘める。

WP SIDEGORE BOOTS ¥37400

堅牢でソール交換が可能なグッドイヤー製法によるサイドゴアブーツ。透湿防水性に優れるダナードライを取り入れ、アウトソールはビブラム社製のモンターニャソールで、ワークテイストながらアウトドアでも頼れる設計となっている。 

スタイリングしやすく経年変化も楽しみなブラウンとブラックのカラバリをラインナップ。アッパーのレザーには撥水加工が施されており、内部に防水メンブレンも仕込まれているため、荒天時だってノーストレスで履ける。 

両社のブランドネームの刺しゅうが入ったプルループが、スムーズな着脱をサポート。レースレスだからテントの出入りやグローブ着用時も脱ぎ履きもラク。
インソールには、抗菌防臭効果のあるオーソライトを採用。通気性に優れ、軽量でへたりにくい。

GRIP SWANY × Orange(グリップスワニー × オレンジ)

USの質実剛健さに日本的使いやすさをプラス。 

1848年、ゴールドラッシュに賭ける採掘者向けグローブからはじまった「GRIP SWANY(グリップスワニー)」。スワニーイエローと呼ばれる暗闇でも見つけやすい色に染められたグローブは、世界中でコピーされるほどの人気を誇った。そして今季はフリースニット素材のパンツで別注し、使いやすいポケットはそのままに、ヌクい冬仕様へとアップデートした。 

収納力の高い人気パンツを チル感満点なフリースで。 

CAMP FLEECE KNIT PANT ¥10780 

グローブが収納できる大型ポケットを装備した、グリップスワニーの十八番である細めシルエットのパンツをフリースニットでメイク。高密度で肉厚な素材のうえ、裏起毛だから保温性に優れる。自宅からキャンプまで垣根なく活躍する。 

インラインでも評価が高い両サイドにビッグポケットを備えたパンツ。今作はボディとポケットを別色にしてインパクトアップに成功した。
肉厚でしっかりとしたボリュームがある裏起毛の生地は、やさしい着用感とあたたかさを味わえる。

NANGA × Orange(ナンガ × オレンジ)

冬キャンプの焚き火前でも着用できる1着に。 

国内屈指のダウンメーカーであり、さまざまな人気ブランドとのコラボレーションを成功させている「NANGA(ナンガ)」。近年ではルーツであるスリーピングバッグに限らずアパレルもリリースし、アウトドアからストリートまで幅広く信頼される存在に。今季の別注カーディガンはダウンの可能性を引き出し、ルックス、機能ともに秀逸にアレンジした。 

高品質ダウン×難燃素材で焚き火シーンにも対応。

TAKIBI QUILT DOWN CARDIGAN ¥29800 

前作のナイロン素材も大好評だったミリタリーライクなひょうたんキルティングの中綿ジャケットが進化を遂げ、難燃素材にチェンジ。軽さや防寒性、着心地のよさは継承しつつ、高品質ダウンをまといながらの焚き火遊びが可能となった。

ミリタリージャケットのライナーを彷彿とさせるステッチワークとシルエットが目を引く。メインアウターとしてだけでなくインナー使いもしやすく、ベーシックなチャコールに加え、カーキ、コヨーテの全3色が用意されている。 

ひょうたんキルトはデザイン性とともに中綿がズレないよう計算されたもの。ナンガの高品質ダウンとのコンビネーションにより、適度なボリュームで着まわしやすさを実現。
胸ポケットにはナンガのパッチと合わせてオレンジのピスネームを配置。

Photo/Shouta Kikuchi Text/Sachio Kanai

 


(問)オレンジ tel:0736-26-8888 shop-orange.jp/

Tags
GO OUT編集部