90年代テバの隠れた名作シューズが、独自の新技術で復刻!!

pr
90年代テバの隠れた名作シューズが、独自の新技術で復刻!!

機能的なストラップサンダルでおなじみの「Teva(テバ)」が、90年代にリリースした水陸両用ハイクシューズ、サンダルハイカー。そのDNAを受け継ぎ、テバの最新技術でアップデートした新作が登場。いま見ても斬新なルックスとレトロな配色のコンビが秀逸!!

当時話題の水陸両用シューズが、新作REVIVE ’94 MIDとして復刻。

REVIVE ’94 MID ¥19800

街も、フィールドも、水辺も、シーンを選ばない万能モデル。

テバが1994年にリリースした水陸両用ハイクシューズ、サンダルハイカーを最新テクノロジーで復刻した1足。ストラップサンダルのフィット感を活かしつつ、足首までしっかりホールドするミドルカットのシルエットで、さまざまなアクティビティに対応する。

シューレース代わりのウェビングべルトや排水孔付きトゥバンパーなど、機能性を追求したディテールワークも要注目。ブラック×タンのレトロなバイカラーのほか、ソリッドなオールブラックのカラバリの2色展開。ウェビングべルトのチロリアン柄がさりげないアクセントに。
水陸両用モデルならではのギミックとなるトゥバンパー部分の排水孔。シューズ内の水を素早く排出してくれる。TPU素材で仕上げられ、耐久性もバツグン。
テバのアイコン的なウェビングべルトは、100%再生ポリエステルで作られたサステナブルな素材。ラダーロックで素早くフィット感を調整できる。
アッパーのメッシュとともにネオプレーン素材を採用し、足首を優しくホールド。足のにおいを緩和するイージス抗菌加工も施されている。
スパイダーラバーのアウトソールが優れた耐久性とトラクションを発揮。岩場から水辺まで安心して歩くことができる。
ブラック×タンのレトロなバイカラーのほか、ソリッドなオールブラックのカラバリの2色展開。ウェビングべルトのチロリアン柄がさりげないアクセントに。
テバが独自開発した新機能MAX-COMFテクノロジー採用のインソール。形状記憶フォームのトップソールも含め、足を包み込むようにフィットするので長時間の歩行も快適。

 

オリジナルモデルを愛用していた、アクタガワ氏が語る復刻モノの魅力。

今回のリヴァイブ ’94 ミッドのルーツとなるサンダルハイカーを、当時愛用していたアクタガワさんに、オリジナルと復刻モデルとの違いや、水陸両用シューズならではの魅力を聞いてみました。

アクタガワタカトシ/クリエイティブディレクター
本誌連載の『LBOT』でもおなじみ。アウトドアギアやスニーカー、アメリカンヴィンテージにまつわる造詣がヒジョーに深く、その知識を活かし、さまざまなクリエイティブ制作に関わる。ディレクションを担うバッグブランド、CWFがキャンパーを中心にブレイク中。

当時の雰囲気を再現しつつ、進化してるから履きやすい。

90年代のハイテクスニーカーブームの前夜、コアなフリークの間で話題になった1足が、テバのサンダルハイカー。ストラップサンダルのディテールを取り入れた斬新なデザインと、水陸両用ハイクシューズという革新的なコンセプトは、アウトドアシーンでも注目を集めた。

「テバは当時からサンダルのイメージが強かったから、まずシューズスタイルっていう時点で新鮮でした。しかも水陸両用という機能面もユニークだった。もちろん、速攻で買いに行きましたよ」。

オリジナルモデルとなるサンダルハイカーはレア。
こちらが1994年にリリースされたオリジナルモデルのサンダルハイカー。復刻モデルと比べるとレザーの色合いとトゥ部分の質感が少し違うが、細部までかなり忠実に再現されていることがわかるはず。当時のスニーカーはソール部分が加水分解する素材を用いていたため、いまでも現役で履けるモデルは少なく、状態がよいものは高値で取引されることも。

当時はヴィンテージを中心に、さまざまなスニーカーをコレクションしていたというアクタガワさんにとっても、かなりのインパクトがあった様子。

「一時期は、ホントによく愛用していましたよ。でもアウトドアより街履きがメインだったかな。グラミチのパンツや軍 モノのカーゴパンツと合わせたりして。当時のモデルをまだ持っているけど、かなり加水分解が進んでいるから……、復刻モデルが出るのはうれしいですね」。

 

オリジナルモデルと復刻モデルの両方を手に取り、その違いを細かくチェックしながら、改めて魅力を語ってくれた。

「やっぱりいま見てもいいなって思います。90年代のアメリカって夏に行くと、みんなテバのサンダルを履いてたんですよ。ボクにとっては、その頃のアメリカのアウトドアスタイルを象徴するブランドのひとつだけど、復刻モデルも当時の雰囲気をちゃんと再現していますよね。それでいて素材や機能性は進化しているから、さらに履きやすくなっているはず」。

オリジナルとほぼ変わらないルックスのなか、アクタガワさんが注目するギミックが、ストラップ部分の進化。オリジナルモデルは、ストラップをマジックテープで止める仕様で、先端部分はリべットにゴムをセットして固定する仕様だった。対して、復刻モデルはラダーロックで調整するシンプルなつくりに。

そんな経験から、この秋は、ひさしぶりに当時のアメリカの雰囲気を思い出しながら、復刻モデルを履きたいとか。

「全体的にアップデートされたなかで、個人的にいいと思うのが、アッパーのメッシュ部分。オリジナルよりも通気性がアップしているけど、厚みがあって雨が染み込まなそうだから、街履き派としては復刻モデルのほうが重宝しそう。スウェットパンツと合わせるのが今っぽいかもしれないけど、せっかくだから、なるべくべタなスタイルで楽しみたいですね」。

「アイデアとしてはオリジナルの方が個性的でユニークだけど、使い勝手や利便性は復刻モデルのほうが断然いいですよね。機能としても進化しているし、フィット感やホールド感も向上していると思います」。

 

 

  • Photo/Shouta Kikuchi (Item) , Fumihiko Ikemoto (Image)
  • Report & Text/Masatsugu Kuwabara

(問)デッカーズジャパン tel:0120-710-844 https://jp.teva.com

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout