様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】

様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】

神保町のアメカジ マスターと、名店散策。

GO OUT本誌でもお馴染み、バンブーシュートの甲斐さんが、毎回、様々なファッション業界人のゲストと共に、東京の名店を巡るショップツアー連載「甲斐さんぽ」。第3回の散歩スポットは、老舗の古書店から楽器屋、スポーツ用品店などが雑多に立ち並ぶ神田神保町。

「今日はこの街に根付いている人を呼んでるよ」と甲斐さんが紹介してくれた今回のゲストは、神保町で30年以上も続くアメカジショップMAINE(メイン)の島倉弘光さん。甲斐さんとはバンブーシュート以前(20年以上前)から面識があり、今も定期的に連絡を取り合う仲だとか。

右/甲斐一彦(BAMBOO SHOOTSディレクター)バンブーシュートのディレクターとして活躍中。左/島倉弘光(MAINEバイヤー)メインの重鎮スタッフとしてバイイングに携わる傍ら、オリジナルブランドのカムコとメイヨー スプルースの企画も担う。

ということで、2人は神保町駅に集合。島倉さんにとっては慣れ親しんだエリアだけど、甲斐さんは久しぶりに訪れたとか。

島倉「お久しぶりです!!」

甲斐「久しぶり〜。やっぱり神保町といえば島倉くんでしょ」

島倉「いえいえ、そんな(笑) まだまだ勉強することばかりです。このエリアは古本屋や楽器屋が多くて、昔からいろんな文化を発信してきた街なんですよ」

甲斐「そうだよね。今回は、その中でも個人的に好きな名店を巡ろうと思って」

島倉「いいですね。よろしくお願いします」

甲斐「終わったら、美味しいお店に連れていってよ」

島倉「B級グルメ街としても有名ですからね。いいトンカツ屋があるから一緒に是非!」

今回は3つの名店を回るが、どのショップも2人が集合した神保町駅から徒歩5分ほど。電車で遊びに来て、気軽に名店をハシゴできるのが神保町エリアの魅力のひとつ。

【SHOP 1】MAINE

東京都千代田区神田神保町2-48 tel:03-3264-3738 open:11:00〜20:00(現在は短縮営業のため19:00まで)  無休 https://www.maine1988.com/

まず2人がやってきたのは、島倉さんも働く老舗セレクトショップ『メイン』。1988年の創業以来、時代に左右されない良質なアメカジアイテムを厳選している。ちなみにショップ名は、エル・エル・ビーンの本拠地としても知られるアウトドアの聖地、メイン州から。

島倉さんはホームということで、今夏にオススメのアイテムを選んでもらうことに。甲斐さんは昔からの常連で、なんと19歳の頃から通っているとか。

甲斐「ここのディスプレイの雰囲気は本当に大好き。シャツも綺麗に畳まれていたり、グラデーションで並べられたりして、ちゃんと緊張感があるっていうか」

島倉「ありがとうございます。シャツは昔から力を入れていて、50種類以上はあると思います」

大量のシャツが畳んだ状態で積み上げられたラックを、丁寧にチェックする甲斐さん。「『これ、広げて見てもいいですか?』って店員さんに聞いたりする、そういうやりとりもいいんだよね」と、常連として通いながら、自身も昔から接客業に携わってきた甲斐さんならではの意見も。

CAMCO シャンブレーワークシャツ ¥9350

豊富に揃うシャツのなかで、島倉さんがイチオシする1枚がこちら。70年代から80年代の往年のモデルを参考に、生地からこだわって織り上げたシャンブレーシャツで、10年以上のロングセールスを誇っている。

島倉「やっぱりウチの定番としてはこれ。カムコは10種類以上のシャツがあるけど、個人的にも1番好き。通年で着用するユニフォームみたいなものですね。アウトドアでも使えますよ」

オリジナルブランドのカムコは、プルオーバーから開襟まで様々なモデルが揃うため、幅広いスタイルに対応している。2人ともシャツ好きなので、とにかくシャツ談義が止まらない。

Bills Khakis M2チノパンツ ¥26180

しかし、もちろんシャツ以外の名作アイテムも豊富に揃うメイン。というわけで甲斐さんは「シャツも気になるけど……」と言いながらベーシックなチノパンをチョイス。

甲斐「若い頃に、『チノパンといえばコレ』ってアメ横で教わった(笑) 実際、テイクアイビーやプレッピースタイルの象徴だと思うよ。まさにチノパンの王様。めちゃくちゃ丈夫だから普通に日常で履きたいね」

そして2人は、次の目的地に移動。とはいえ2店目の『さかいやスポーツ エコープラザ』まではメインから徒歩1分の距離。神保町のローカルトークをする間もなく到着してしまった。

 

【SHOP 2】さかいやスポーツ エコープラザ

東京都千代田区神田神保町2-30  昭和ビル1階 tel:03-3262-0583  open:11:00〜20:00  無休  https://www.sakaiya.com/wp/shopinfo/echo

神保町で5店舗を展開する『さかいやスポーツ』の中で『エコープラザ』はマウンテニアリング、トレラン、キャンプのギアを中心にしたショップ。この夏は世相を反映させて、ソロキャンプや自宅でも使えるアウトドアギアに力を入れているとか。

実は2人とも20年来の常連。甲斐さんは仕事でも繋がりがあり、神保町に来ると必ず立ち寄るらしい。島倉さんは仕事の休憩中に遊びに来ることも。広い店内をリラックスしながら散策することに。

甲斐「東京を代表する老舗の山屋。昔は雑多な内装の店が多かったなかで、ここは早くから商品を綺麗に並べていたんだよね」

壁一面を覆い尽くすバッグコーナーは圧巻の佇まい。小型から大型まで様々なモデルが揃っていて、スタッフの高橋さん曰く「アウトドアブランドのバックパックは、ほぼ網羅しています」とのこと。

島倉「この感じ、アメリカのアウトドアショップの雰囲気に近いですよね。これだけ並んでいれば、欲しいモデルだけでなく掘り出しモノも見つかりそう」

EVERNEW グリーンボーン ¥24200

大量に並んだバックパックの中から甲斐さんが注目するのは、国産ブランド、エバニューの背負子。1800gという軽さながら、静荷重60kgを誇る実力派で、職人によるハンドメイドで作られている。

甲斐「これ昔からあるけど、デザインもずっと変わっていない。いつか欲しいと思っているアイテムなんだよね。やっぱり背負っている姿は憧れるよ。男の中の男みたいな感じ」

島倉さんはキャンプギアのコーナーをチェック。最近は友人に誘われてキャンプに行くことが多く、いろんなアイテムが気になっているとか。そしてコールマンのランタンを手にしながら、スタッフの説明をじっくりと聞いている。

Coleman  パワーハウスツーマントルランタン  ¥21800

2マントル仕様で300キャンドルパワーの明るさを誇る、定番の大型ホワイトガソリンランタン。専用のハードケースもセットになっている。

島倉「ヴィンテージのモデルを狙っているけど、どんどん高くなっているんですよ。それなら現行モデルでもいいかなって。なにより今でもアメリカ製ってのがいいですね。無骨な感じが最高です」

次はファッション雑誌の古書店へ

  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
  • 様々なカルチャーが交差する神保町で、こだわりの名店を巡る。【甲斐さんぽ 〜東京名店巡り〜】
12 >
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout