アウトドアのハードな着用にも対応。タフネスなデザインが男心くすぐるヘビーデューティなアイテム8選。

Shohei Kuroda

昔から男のワードローブとしてはお馴染みのワーク&ミリタリー。質実剛健としたデザインはアウトドアでタフに着られ、さらに無駄なディテールを削ぎ落としたシンプルな佇まいは時代の流行に左右されることなく愛用できます。

シーンを選ばずに着回しができるヘビーデューティなアイテムをGO OUT Onlineからピックアップ。一つあるだけで毎日のコーディネートを彩ってくれます。

Table Of Contents : 目次

01. MA-1を丸みを帯びた個性的フォルムにアレンジ。

MANASTASH/MANASTASH×AVIREX FIELD Ma-1 ¥33000

MA-1ならではのソリッドなデザインはリスペクトしつつ、マナスタッシュがアヴィレックスとのコラボで程よく丸みのある独特のフォルムにアレンジ。ミリタリーウエアの土臭さが中和されたうえ、左袖に設けられた立体ポケットにスマホが収納できなど利便性も追求。

アームの配色を切り替えた2トーンカラーは、暗くなりがちな冬のスタイルでアクセントになってくれます。

 

02. 最強のミリタリーアウターが街仕様に。

ALPHA INDUSTRIES/LV.7 COLD PRK JKT ¥29700

ミリタリーウエア好きの中で“レベル7”といえば、最強の防寒性能を誇るアウター。街ではオーバースペックになるアイテムを、同ブランドが街に対応する一着へと変身させたのがこちらです。

軽やかで抜群の保温性を誇るサーモライトの中綿が封入され、表地はハリとコシのある落ち着いた質感のポリエステルコットン生地を採用。程よくゆとりのあるオーバーサイズもデイリーユースに最適です。

 

03. ヒーターパッド内蔵の現代的デザイン。

MANASTASH/MANASTASH x TAION BENCH HEATER ’22 ¥38500

フロントに配置された4つのフラップポケットにより、ミリタリーテイストに仕上げた一着。高機能インナーダウンで知られるタイオンとのコラボで、携帯バッテリーをUSBプラグに繋げると胸元と背中部分のヒーターパッドが5段階で温度調整できる優れもの。

ベーシックなルックスとは裏腹に、現代的な機能美が盛り込まれています。

 

04. ボリュームがありながらも着心地は軽やか。

ALPHA INDUSTRIES/MONSTER PARKA ¥34980

モンスターパーカーも先ほどのジャケットと同様に“レベル7”に分類される一枚。それだけに今っぽいボリュームのあるシルエットでありながら、中綿にはサーモライトの軽量中綿をインサートしているので軽やかな着心地が味わえます。

 

05. 多少の汚れもアジになるヘビーウェイトボディ。

BEN DAVIS/HEAVY WEIGHT WORK SHIRT ¥9680

ワークウエアの大定番として古くから愛され続けるベン デイビスの人気モデル。肉厚なヒッコリーストライプ生地が使用され、多少の汚れやスレがあるほどに着倒してこそ画になる一枚。本場アメリカのシルエットそのままのオーバーサイズに仕上げています。

 

06. ライトアウター感覚で着られるカーディガンタイプ。

BIGMIKE/HEAVY FLANNEL SHADOWCHECK CARDIGAN ¥9900

厚手のフランネル素材を使い、シャツやカットソーなどが重ね着できるカーディガンタイプに。フロントにポケットを施しているのでライトアウター感覚で気軽に羽織れるのが魅力です。猫目ボタンや2本針巻き縫いといったヴィンテージフリーク必見のディテールもポイント。

 

07. 時代を超えて愛され続けるフランネルシャツ。

BIGMIKE/HEAVY FLANNEL CHECK SHIRTS ¥8800

大ぶりのチェックパターンを取り入れた、アメカジには欠かせないアイテムの一つ。実力派の老舗ワークウエアブランドが生み出したシャツらしく、アウトドアユースに対応するほどの肉厚のある生地を採用。フラップ付きの胸ポケットをはじめ、随所にヴィンテージのディテールを取り入れています。

 

08. 合わせるボトムスを選ばない無地タイプも展開。

BIGMIKE/HEAVY FLANNEL SHIRTS ¥8800

先ほどのヘビーフランネルを用いたシャツの無地バージョンもリリース。よりワークテイストが感じられるベーシックなデザインだけに、デニム・チノ・カーゴパンツと合わせるボトムを選ばずに着こなせます。

 

ワーク&ミリタリーなアイテムは着るほどに身体に馴染み、独特の風合いにエイジングしてくれるのも醍醐味。徐々にユーザーだけの表情に経年し、愛着を持って使い続けられるアイテムをGO OUT Onlineからチェックしてください!!

Photo/Taizo Shukuri

Tags
Shohei Kuroda