いますぐゲレンデへ!バートン新作にみる2019おすすめスノーギア7点。【バートン本社に潜入!知られざる10の魅力#10】

167 Shares

スノーボードの世界において、常にその先頭をひた走るパイオニア的存在BURTON(バートン)。GO OUTは、彼らが本社を構えるアメリカはバーモント州バーリントンを訪問。10のキーワードから、その魅力を紐解きます。

1月に入り、いよいよ絶好のゲレンデシーズンに突入!今回は、2019年のBURTON新作アイテムより、ウエアからボードまで全身装備一式を厳選。バインディングの常識を変えた「ステップオン®」や、長年プロダクトを共同開発してきた「ゴアテックス」にまつわる秘話も併せてお届けします!

※BURTON本社工場の様子は、こちら。
 ㊙︎ラボで見た、スノーボード開発の最新事情。【バートン本社に潜入!知られざる10の魅力#9】

【ウエア】悪天候に打ち勝つための最強レイヤリングを紹介!

1. 天候に左右されず、快適に滑り続けられるジャケット&パンツ。

GORE-TEX RADIAL SHELL JACKET ¥41040 / GORE-TEX BALLAST PANTS ¥34560

ゴアテックス 2レイヤーの採用に加え、すべての縫い目にシームテープ加工を施すことで抜群の防水性をまとったジャケット&パンツ。自動で内部環境をコントロールするLiving Lining®も搭載しているので、常に適度なぬくもりが保たれます。

つまり、変わりやすいゲレンデの雲行きに左右されず、いつでも快適な滑りをたのしめる!

そんなゴアテックスアウターウエアの開発について、クリエイティブディレクターのマイク・グラッツが教えてくれました!

「ゴアテックス社と一緒に仕事をしていくなかで、彼らがモノづくりに対してとにかくストイックであることに驚かされます。すべてがハイスタンダードで、ハイクオリティ。だからこそ、ボクたちBURTONはプロダクトの開発やデザインのみに集中することができる。両者が同じ信念を持っているというのも、大きいかもしれませんね。

ゴアテックス社とコラボレートして革新的なプロダクトを生み出すことで、プロダクトの限界を次々と越えていける。それはとても尊いことだと思っています!」

マイクのオフィスで発見したインスピレーションボード。日本の雑誌からの切り抜きも貼られていた!

「そんななかで、ボクの仕事はまずさまざまなインスピレーションからアイデアを出すことから始まります。GO OUTをはじめ日本で集めた雑誌だったり、ヴィンテージの洋服や音楽だったり、なんでもないところからアイデアが浮かぶことが多いんです」

 

2. 素材を組み合わせて、快適な着心地にしたフリース。

MINTURN FULL-ZIP FLEECE ¥20520

体のコアをしっかりと暖めつつ、優れた透湿性によりムレを防いでくれるフリース。ボディにはPolartec® 200、サイドにはPolartec® 100、とエリアによって異なる素材を配置することで抜群の快適性を実現しているんだとか。

撥水加工を施した袖口や、ジャケット下に着ても動きを妨げないレギュラーフィットの設計など、こまかなディテールやバランスにも気が利いています。

 

3. 機能と着心地を両立したベースレイヤー。

MIDWEIGHT BASE LAYER CREW ¥5940 / MIDWEIGHT BASE LAYER PANT ¥5400

透湿性の高い機能素材でありながら、まるでコットンのような質感のDRYRIDE Ultrawick™ミッドウェイト200を採用しているから、常にドライで暖かく、滑りはじめから滑り終わりまでずっと快適。

さらに、紫外線を防ぐUPF 50+プロテクションや高い動作性を生み出すストレッチ360°、Agion®防臭加工など、機能を惜しげなくふんだんに。薄くても、着ると着ないとではライディングの質が大違いなんだとか!

 

次ページでは、革新的なバインディングシステムでスノーボードの常識を覆した「ステップオン®」が登場!開発者にも話を聞いてきました。

12 >
Tags

167 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル