スノーピークから、テーブル上を立体的にカスタムできる新システムが登場。

Shinya Miura

キッチンや焚き火周りなどを自分好みにカスタムしてサイトを作り上げていくこともキャンプの楽しみのひとつ。例えば、「snow peak(スノーピーク)」のアイアングリルテーブル(IGT)シリーズは、フレームや天板、バーナーといったパーツを組み合わせることで、キッチンからダイニングまで自分好みに自由にカスタマイズできることで人気になっているアウトドアテーブルシステムだ。

そんなスノーピークから今度は卓上を立体的にカスタムし、コックピットのようなテーブルスペースを構築できる「Table Top Architect System(テーブルトップアーキテクトシステム )」が新たに誕生した。

テーブルトップアーキテクトクランプ ¥4600

スノーピークの卓上版レイアウトシステム「テーブルトップアーキテクトシステム 」は、様々なオプションを上下に接続可能なクランプをベースにして、ランタンハンガーやウィンドスクリーンなどを自由に組み合わせ、卓上に機能的なスペースを生み出すシステム。

取り付け可能なテーブルの厚さは、1~35mm まで。幅広く対応している。

すでに発売されているのはベースとなるクランプのほか、LEDランタンなどを吊り下げられる小型ランタンハンガー、キッチンツールを吊るしたり別売りのトレーと組み合わせて棚として使えるユニットフレームの 3 アイテム。

テーブルトップアーキテクトランタンハンガ 4400

テーブルトップアーキテクトユニットフレーム ¥4400

さらに、12月頃には、ユニットフレームと組み合わせることで調味料やカトラリーなどの収納スペースを作れるメッシュトレー、L 字 やストレートなど様々なバリエーションで囲えるウィンドスクリーン(風防)も仲間に加わる。

「メッシュトレーハーフユニット」(左)深型 ¥5500/(右)浅型 ¥4400

テーブルトップアーキテクトウィンドスクリーン ¥5500

ウィンドスクリーンは、設置用のポールを連結することで、ランタンハンガーやユニットフレームと接続も可能だ。

自由自在な組み合わせで、自分好みのテーブルスペースを作れる「テーブルトップアーキテクトシステム」。ソロキャンプやデュオで隣り合わせに座って同じ景色を楽しみたい人にはぴったりのシステムになっている。


(問)スノーピーク www.snowpeak.co.jp/

Tags
Shinya Miura