ウワサの体験型カフェで、フレッシュサービス印のコーヒーギアが限定発売。

世界中で作られるものを自らの選球眼をもってキュレーションし、新たなモノへと再構築するクリエイティブディレクター南貴之氏。FreshService(フレッシュサービス)の主宰としておなじみだが、今回、コーヒーにも造詣の深い南氏の手掛けるカフェ「OGAWA COFFEE LABORATORY(オガワ コーヒー ラボラトリー)」の新店舗が下北沢に誕生。

7月30日 (金) のオープンに合わせ、フレッシュサービスがコーヒーギアの人気ブランドに別注をかけたスペシャルアイテムが下北沢店限定で発売されるというからこれは見逃せない。

トリプルネームが配された限定コーヒーギアが登場。

Kalita × FreshService × OGAWA COFFEE LABORATORY NEXT G2 ¥66000

Kalita(カリタ)が長年培ってきた技術を結集し、独自に開発したメイド・イン・ジャパンの人気コーヒーグラインダー「NEXT G」のセカンドモデルにフレッシュサービスが別注。 「OGAWA COFFEE LABORATORY」のネームが入った限定モデルとなっている。

静電除去装置を搭載し、多くの電動ミルの課題だった粉の飛散を防止。挽かれた粉はまっすぐに落下し、美しい山型を描いて受缶に蓄積される。

本体や受缶への粉の付着も防ぎ、手入れも簡単。さらに、回転数を下げたモーターによって静音性も向上したすぐれものだ。

  • 【SPEC】
    電源:100V 50/60Hz
    消費電力:60W
    定格時間:5分
    本体重量:2300g
    ホッパー容量:60g
    受缶容量:60g

 

RIVERS × FreshService × OGAWA COFFEE LABORATORY WALLMUG BEARL SOLID ¥3080

ドリンクウェアにフォーカスしたプロダクトを展開するRIVERS(リバーズ)とフレッシュサービスのコラボウォールマグに、「OGAWA COFFEE LABORATORY」のロゴを入れた別注モデルもラインナップ。

トールサイズの「THE TAKE OUT」カップは、たっぷり飲める実容量390ml。 ダブルウォールでペーパースリーブ不要で、倒してもこぼれない密閉性の高い蓋構造。

素材はBPAフリーポリプロピレンなので、落としても壊れないヘビーデューティな作りなのも嬉しいポイント。 電子レンジも対応可能で、普段使いだけでなくアウトドアや旅のお供としても活躍必至のタンブラーだ。

いずれも7月30日 (金) オープン予定の「OGAWA COFFEE LABORATORY 下北沢」だけの限定発売。元々人気を集めるコーヒーギアにフレッシュサービスのセンスを注入した別注モデルだけに、売り切れも予想されるため、気になった人はオープン日に足を運んだほうが良さそうだ。

 

美味しいコーヒーの“実験室”のようなフラッグシップストア。

「OGAWA COFFEE LABORATORY」は、珈琲の味わいの先にある体験価値とコミュニティを創造するオープンイノベーションの場として京都に誕生した新コンセプトの体験型カフェ。

その2号店となる「OGAWA COFFEE LABORATORY 下北沢」では、“体験型ビーンズストア”をコンセプトに、美味しいコーヒーを淹れるためのメソッドが学べる「実験室」のような場所となる。例えば器具は、バリスタが愛用する40種類の器具を自由に組み合わせて使い、自身で焙煎から抽出までを存分に試すことができる。

取り扱う11種類のシングルオリジン、10種類のブレンドなど、すべてが試飲可能(有料) で、コーヒー豆は持ち帰るだけでなく、店舗でリザーブすることもできるという、まさにコーヒー好きのための“実験室”のような空間となる。

【OGAWA COFFEE LABORATORY 下北沢】
オープン:2021年7月30日(金)
住所:東京都世田谷区北沢3-19-20 reload1-1
tel:03-6407-0194
営業:8:00~20:00(L.O. 19:30)
https://www.oc-ogawa.co.jp/ocl-shimokitazawa

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout