高コスパでカスタムも自在。アクティブシーンでも極上フィットなULサングラス。

とにかく軽くて浮いたような掛け心地が特徴なことから「FLOAT(フロート)」と名付けられたブランドのサングラスが、アウトドアの相棒として支持を集めている。

カジュアルなデザインながらも軽量で極上のフィット感、そして高機能なサングラスで、これまでにHiker’s Depot(ハイカーズデポ)、Sky High Mountain Works(スカイハイ マウンテン ワークス)といったこだわりのアウトドアショップとコラボしたモデルも出ていることから、フィールドにおける信頼性の高さがうかがえる。

FLOAT「SHMW ASTRA」  ¥14558

スカイハイ マウンテン ワークスとのコラボモデル。太陽光が入りにくい樹林帯でもかけていられるライトブラウンの偏光レンズを採用している。

FLOAT「Hiker’s GAIA」  ¥16200

ハイカーズデポとのコラボモデル。カジュアルシーンにハマるスタンダードテンプルのほか、ライムカラーのアクティブテンプルが付属していて着せ替えを楽しめる。

 

フロートは眼鏡の街・鯖江で生まれたブランドで、もともとはリーディンググラス(老眼鏡)からスタート。眼鏡をかけることに慣れていない人に向けて、究極の掛け心地を追求。

とにかく軽く、締め付けがないのにズレることがなく、締め付けがないから掛けていても気にならないというリーディンググラスを開発。この特性をサングラスに落とし込んだのがGALAXYシリーズだ。

フロートの眼鏡はテンプルにフランスのマテリアルメーカーが開発した特殊樹脂を採用。スライド式で脱着が可能なのが特徴で、シーンに応じてカラーカスタムを楽しむことができる。

テンプルには、締め付けの軽いデイリータイプと、多量の汗でも滑らないようホールド感を高めたアウトドアタイプの2種類を用意。アウトドアタイプのテンプルは、例えば釣りのキャスティングのような激しい動きでもズレにくく、ストレスフリーにアクティビティが楽しめるという。

そんなFLOAT GALAXYシリーズから新しく2つのモデルが発売される。

FLOAT GALAXY「STAR」  ¥13478

ベストセラーモデルであるウェリントン型モデル「STAR」からニューカラーのマットブラックが登場。落ち着いた印象でオンオフ、マルチに使える。重さは26g。

FLOAT GALAXY「VEGA」  ¥13478

ニューモデルの「VEGA」は、惜しまれつつも廃盤となってしまった「LUNA」の後継モデルで、広範囲の紫外線をカットする少し大きめのスクエア型を採用。カラーはブラックとブラウンがラインナップしている。重さは29g。

GALAXYシリーズはすべてのモデルにポリカーボネート製の偏光レンズを搭載。水面のぎらつきをおさえ、目をルアーなどから守る偏光サングラスは、釣り人のマストアイテム。また、ドライブなど日常生活でも目の疲れを軽減してくれるので活躍のシーンは多そうだ。

企画・デザインはすべて鯖江で行い、工場を中国にすることで、ハイクオリティーなレンズを搭載しても価格を抑えることができているという、コストパフォーマンスの良さも特徴のひとつとなっている。


(問)FLOAT tel:0778-52-9537 http://www.float-glasses.com/set-galaxy/

 

Tags

オススメアイテム

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout